3人に2人は「不満アリ」?

職場の「室温バトル」3割で勃発

2013.12.19 THU


Q.職場が暑い・寒いと感じた時の対策は? (複数回答) 周囲への影響が少ない方法で体温調節が基本 周囲への影響が少ない「衣服の着脱」が6割超。便利そうに感じる個人用冷暖房器具は、「暑いと感じたら冬でも小型扇風機を回す」(28歳男性)などの意見があった一方で、「隣の席から扇風機の風が来て寒い」(32歳女性)という声もあり、新たなバトルの火種に!? 調査概要/首都圏、大阪府、愛知県の社会人男女それぞれ100人にネット調査、協力アイ・リサーチ  イラスト/奈良裕己
寒さもいよいよ本番、暖房が欠かせない季節がやってきた。もちろんオフィスは空調が効き、仕事もはかどる…と思いきや、室温管理に不満を持っている人もいるようだ。

25~34歳の男女200人を対象に行ったアンケートで、職場の室温が「ちょうど良い」と回答した人は36.5%。逆に言えば、約3分の2はオフィスの温度管理に多少なりとも不満を抱えているというわけだ。さらに、27.1%が温度管理について職場内で意見が割れたりもめたりしたことがあると回答している。

では、具体的にどんな不満を抱いているのか聞いてみると、温度の感じ方の差により、「“寒がりの女性vs.暑がりの男性”という派閥ができた」(29歳女性)という職場が多いことが分かった。「外回りから帰ってきた男性が、暑がって温度を下げるのがムカつく」(30歳)と女性が訴えれば、「女性陣が『私たちは冷え性だから』と高めの温度設定を譲らない」(32歳)、「寒い分には厚着すればいいけれど、暑さはどうしようもない。窓を開けないので空気もこもるし、頭がぼーっとする」(32歳)と男性は反論。これでは仕事にも差し障りそう…。

また、「エアコンの風が直接当たる席なので、夏は寒くて冬は暑い」(30歳男性)、「席によって温度が違う」(31歳女性)のように、座る場所に起因する回答も目立った。そのため、季節によって席替えをするなどの対策をしているオフィスもあるよう。ヒドイ場合は、「営業と内勤の体感温度の差でどちらが会社にとって有能かもめた」(30歳女性)なんて状況に陥るなど、設定温度は深刻な問題のよう。

いずれにせよ、暑さ寒さは人によって感じ方が大きく異なるもの。誰もが満足する温度管理は難しそうだが、お互いの思いやりで快適な職場環境づくりを心掛けたいものだ。
(鼠入昌史/Office Ti+)


  • Q.職場の室温についてどう感じている?

    室温に不満がある人半数以上男性のほうが暑がりが多い
    「どちらかといえば暑い」「どちらかといえば寒い」という人が計52.5%も。オフィス内の半数以上が我慢しているのだ。また、男性は暑く、女性は寒く感じている人の比率が高く、男女間の体感温度の差が浮き彫りになった
  • Q.職場の室温管理はどのようにしている?

    「随時調節」が約半数それがトラブルのもと?
    誰かが温度調整をするより管理会社などの一括管理の方が争いは起きなくて済むような気もする。ただ、「定時になると強制的にエアコンの電源が落ちるので、残業時は夏も冬もさながら地獄のよう」(33歳女性)という声も…

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト