印象が運命を左右する?

出世する人に共通する評判の好循環

2014.03.24 MON


景気に連動して企業の成長が低迷しようと、それにより雇用制度が変わろうと、いつの時代も出世する人は必ず存在する。同期入社が気付けば上司に…、なんて哀しい経験をしたことがある人も、いるのではないだろうか。

そんな時、こう思ったことはないだろうか? 「なぜ、あいつが?」と。

単なるやっかみと言われればそれまでなのだが、能力的な差があるようには思えない(あくまでも自己評価では)。そして、必ずしも出世する男がものすごく仕事ができる奴とは限らなかったりする。いったい出世する男は、なぜ出世するのだろうか?

「日本の組織の場合、業績や能力も大切だが、これらの数量的な絶対値よりも、これらも含めて集約された組織内でのその個人の『評判』が重要。簡単にいうと、評判のいい人物は成果の割に出世する傾向があるし、成果が上がりやすい仕事を割り振られることが多いので、また、一段と出世しやすい」

そう話すのは、経済評論家の山崎元氏。出世する人は、仕事の成果も含めた個人の評判が、さらに良い評価を生む土壌になるという好循環が実現できているということだ。

そこで、気になる評判の生み出し方だが、これについては、「本人の能力をアピールするための広義のプレゼンテーション能力が重要」と同氏。企業においては、一人で仕事をすることは少なく、誰かとチームになって仕事に取り組むことが多い。その成果が良かった際、本来であればそれはチーム全体の評価なのだが、実際はそうではなく、チームのなかでも印象的なひとりに評判が偏るということがままあり、これが周囲に拡散される際に評判となるのだ。

同じ仕事をしているのに、なぜか自分よりも他のメンバーのほうが評価が高い。もし、そう感じたことがあるならば、それはあなたのセルフプレゼンテーションが足りないのかも。どうせ同じ仕事をこなすなら、自分を積極的にアピールして、良い出世循環に乗れるよう、仕事の進め方を見直してみてはいかがだろうか?

※この記事は2011年07月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト