ガールズトレンド調査隊

人気は絵になる場所「最新女子旅」

2014.03.06 THU


女子同士でガールズトークを楽しみ、気兼ねなく旅をする“女子旅”経験者が増えている。大手の旅行会社も女子をターゲットとした旅行プランを次々と出し、新たなトラベルマーケットの需要拡大を狙っている。人気のプランの一部がこのパンフレットだ。
男子禁制のガールズトークを楽しむ“女子会”が発展し、最近では女の子同士の“女子旅”が人気だとか。大手旅行会社でも、専用プランが増えてきている。

「当社では2010年夏から『女子旅』という名称でプランを発売し、2012年から女子旅応援プロジェクト“たびーら”を設置しました。お客様からの反応もよく、今ではたびーら始動以前と比べて20倍以上の女子旅プランを用意しています」(日本旅行 個人旅行営業統括本部 柴垣紀惠さん)

女性に特化したプランとあって、行き先や宿泊先、サービスなどが男性向けとは異なる。男から見ると少しの差でも、女子にとっては大きな違いなのだ。

「女性ならではの傾向としては、多少お金をかけてでもグルメやエステに上質なものを望まれる点が挙げられます。当社のリサーチでは、『癒やし、ご褒美、プチ贅沢』といったキーワードがあることもわかりました」(JTB 広報室 三上佐知絵さん)

行き先としては、国内なら京都や沖縄、海外ならハワイや欧州の人気が高い。ただし、「誰かに自慢したい」という心情を踏まえないと、女子のニーズは読み解けないとか。

「ご当地限定のお土産やスイーツ、写真に撮って“絵になる”スポットなど、国や地域よりも“そこで何ができるか”がポイントなんです」(日本旅行・柴垣さん)

趣味や価値観が似通った女友達との旅は、気負いやストレスもなく楽しめる。最近では“友旅”だけでなく、20代女性の一人旅需要も高まっているらしい。

男子読者の皆さんも「旅に男は邪魔なだけ」なんて言われないよう、女子旅のトレンドにも目を配っておいた方がよさそうだ。
大熊裕美=文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト