ビジネスマンの“出張力”大調査

出張の自腹出費をなんとかしたい!

2014.04.10 THU

ビジネスマンの“出張力”大調査


出張に行くたびに自腹での出費がかさむ…。仕方ないとは思いつつも、ちょっと残念なそんな現状をなんとかする方法とは? イラスト/室木おすし

1回で約8000円も!? 「出張=出費」をなんとかしたい!



出張先での商談を無事に終え、さあまっすぐ帰宅!…とスムーズに行くケースばかりではない。むしろ、「せっかくだから」とちょっと寄り道をしたり、同僚や家族へのおみやげを買ったりと「結局、自分のお金を使ってしまう」ということのほうが多いのでは? そんなみんなの出張における「出費」の実情を、アンケートで調査(*)。
(*全国の25~34歳の「年に3~4回以上は東海道新幹線で出張をすることがある」男性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果/2014年2月実施/R25調べ)

まず「出張に行くと、飲食やおみやげに自分のお金(会社の経費ではないお金)を使うことがある」というビジネスマンは、なんと82%も! なかでも「毎回そうだ」(20%)、「よくある」(33%)という、頻度の高い人が半数以上を占めていることが判明。おぉ、やはり多くが自腹での出費をしているようだ。では、具体的にどれくらいの金額を使っているの?

1回の出張で「飲食に自分のお金をいつもどれくらい使うか」を聞いてみると、みんなの平均は4730円。なかには「4万円」という回答も! 同様に「いつもおみやげに使う自分のお金」の平均は3140円となった(こちらの最大値は2万円)。つまり平均で考えると、みんな出張に行くたびに、食べて、買って、約8000円も自腹での出費をしている…というわけだ。ん〜、これは、特に出張の多いビジネスマンにとっては、おサイフへのダメージがかなり大きいはず。

さらに、出張時の飲食での出費にまつわるエピソードを聞いてみると…「空いた時間にカフェに行くことが多く、それだけで2000円くらい使ってしまう」(32歳・埼玉県)、「博多でラーメンを6杯食べてしまった」(31歳・神奈川県)、「出張先の会社の方と意気投合して飲み屋を3軒はしごして、1人1万2000円かかった」(32歳・静岡県)など、ありがちなケースが多数。やはり「分かっちゃいるけどやめられない」のがホンネ…というところだろうか。このように、自腹での出費は避けられないもの。それだけに、出張が少しでもおトクになる方法があれば、絶対に利用したい!

そこで、新幹線での出張をおトクにしてくれるオススメのサービスをご紹介。それは、東海道新幹線の会員制ネット予約&IC乗車サービス「EX予約」「プラスEX」(「EX予約」は東海道・山陽新幹線、「プラスEX」は東海道新幹線専用で利用できるサービス)。乗車する区間ごとにおトクな会員価格が適用され、しかもGWやお盆、年末年始などの期間を含めて一年中いつでも利用できるのだ(※1)。さらに「EX予約」「プラスEX」ならパソコンやスマホ、携帯電話で手軽にチケット予約ができる(※2)など、便利な機能が満載。しかも今なら東海道新幹線開業50周年を記念して、入会初年度の年会費が無料になるキャンペーン(※3)を実施中。入会方法や料金、サービスなどの詳細はホームページでぜひチェックを。

これで、出張時の出費も軽減。食事やおみやげなど、今まで以上に出張を満喫しよう!


※1 一部の列車・区間を対象に特別に割引するきっぷなど、エクスプレス予約、プラスEXでお買い求めになるよりも安くなる商品もあります。(駅などでお買い求め下さい)
※2 携帯電話・スマートフォンからの予約受付時間は5:30~23:30です。発売開始は乗車日の1カ月前の10:00です。時刻表に表示された発車時刻の6分前までご予約いただけます。
※3 本キャンペーンは、初めてJR東海エクスプレス・カードおよびプラスEXをお申し込みされた方が対象となります。 出張時の自腹での出費は、1回8000円近くも! これからは「おサイフにやさしい出張」をするための方法も考える必要アリ。おトクなサービスを積極的に利用しよう!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト