長男は出世しやすいと思いがちだけど…

出世と兄弟の関係を調査!

2014.10.21 TUE


ひと昔前は、採用面接で兄弟構成を聞かれることも多く、長男か一人っ子かで評価が変わるなんていう俗説もあったけれど…
会社で出世をするには仕事の成果はもちろん、組織内での処世術も必要。様々な要因で“処世術”は磨かれていくが、今回注目したいのが「兄弟構成」と「出世」の関係。家族は、人生で最初に属する“組織”だし、一人っ子だったり大家族だったり環境は人それぞれ。ならば、兄弟構成が処世術のうまさに影響を及ぼし、出世にも影響するかもしれない。 

ということで、25~39歳の男性社会人300人にアンケートを行い、兄弟構成と出世の関係を調査してみた。

まず、「同期に比べて出世が早い方か/遅い方か」を尋ねてみると、特徴的だったのは「長男(※一人っ子除く)」とそれ以外のギャップ。長男の場合、出世が「早い方(15.2%)」「遅い方(12.7%)」と答えた人がいずれも少なく、「早くも遅くもない(70.9%)」という回答が大多数を占めた。

一方「長男以外」の場合は「早い方(20.9%)」「遅い方(22.4%)」と答えた人がそれぞれ長男を上回り、「早くも遅くもない(55.2%)」との回答が長男より15ポイントも少なかった。

長男は自然とリーダーシップが養われ、出世しやすそうなイメージを持っていたが、どうやらそんなことはないようだ。

もっともこの調査は「自己評価」に基づいているため、「出世が早い/遅い」といっても客観的事実とは限らない。単に長男は「(プラスにせよマイナスにせよ)自己評価が控えめなだけ」という可能性もある。

そこで今度はややアプローチを変え、「兄弟構成と出世しやすさに関係はあると思うか?」を聞いてみた。するとここでも「長男」と「それ以外」でギャップのある結果に。

「長男」の場合、「(出世しやすさに)関係があると思う」と答えたのは22.6%に過ぎなかったが、「長男以外」では33.8%が「あると思う」と回答。そのうち「一人っ子」に限ると、「あると思う」が53.3%にも上った。「一人っ子」は兄弟とともに“人生で最初の組織”を経験していないため、“コンプレックス”のようなものを感じている可能性も。

ちなみに、「兄弟構成と出世しやすさは関係あると思う」と答えた人に、「長男の方が、それ以外の人より出世しやすいと思うか?」を尋ねると、なんと58.3%が「そう思う」と回答。特に「一人っ子」の68.8%、「末っ子」の63.6%が「そう思う」と答えており、「長男=出世しやすい」というイメージを抱く人は少なくないようだ。

とはいえ、すでに紹介した結果からもわかる通り、当の長男は、必ずしも出世が早いと思っているわけではない様子。昔から「長男=優等生タイプ」「次男=マイペース」「一人っ子=わがまま」…みたいなステレオタイプなイメージで語られている結果、「長男=出世しやすい」イメージが説得力をもったのだろう。

次男や末っ子、一人っ子の皆さん、長男のほうが出世に有利なんてことはなさそうなので、気にする必要はなさそうですよ。
(有井太郎)

※この記事は2012年10月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト