嫌な飲み会や残業を早く切り上げたい時にお助け!

帰りたい通知代理サービス「帰らせ屋」が開始

2014.10.16 THU


帰りたい通知代理サービス「帰らせ屋」のトップページ。相手によってはトラブルになりかねないので、くれぐれも冗談の通じる上司や幹事に送るようにしよう
年末に向け、イベントごとでなにかと忙しくなってくるこれからの時期。日本でもすっかり定着したハロウィンのほかにも、クリスマスに向けて合コンに励んだり、彼女とのデートを充実させたり…なんて人も多いだろう。しかしその一方で、参加したくない飲み会や残業が増えてくるのもこの時期の特徴だ。

実際、ビジネスパーソンはどんな気持ちでいるのか。各種のアンケートデータを見てみよう。マイナビスチューデントが2012年に社会人400人に行った調査では、会社での飲み会は「めんどう」と答えた人が62.6%にも及び、gooランキングが今年3月に発表したランキングでは、「会社の飲み会に参加したくない理由」の1位に「二次会、三次会…と長時間にわたって拘束される」がランクインした。また、ぐるなびが2012年の4月に発表したデータでは、社会人3年目の男女105人の「職場の飲み会に行きたくない理由」の第1位が「プライベートの時間を大切にしたい」(51.4%)となっており、「早く帰りたい…」思いを抱くビジネスパーソンは少なくないようだ。

とはいえ、単なる「めんどくさい」などの理由では、幹事や上司に飲み会の不参加や残業の辞退を言い出すのは難しい。そんなビジネスパーソンを救う! かもしれないサービスが開始されたのをご存じだろうか。それが、「帰りたい通知代理サービス『帰らせ屋』」だ。

その名のとおり、帰りたい気持ちを幹事や上司に伝えてくれるサービスで、利用法はいたってシンプル。相手の名前を記入し、「帰りたいシーン」「帰りたい理由」「帰りたい度」について該当する項目を選択すると、文面を自動作成して匿名メールで相手に届けてくれるのだ。「帰りたいシーン」は「飲み会」「残業」「デート」「合コン」など、「帰りたい理由」は「テレビがみたい」「体調が悪い」「デートがある」など、「帰りたい度」は「今すぐ」「そろそろ」「1時間後」などから選ぶことが可能だ。

たとえば、「帰りたいシーン」→「残業」、「帰りたい理由」→「テレビがみたい」、「帰りたい度」→「今すぐ」を選んで「山田太郎さん」宛てに送るよう申し込んだ場合の文面は以下のようになる。

●文面例
山田太郎様へ

初めまして、私は「帰らせ屋」という者です。
あなたに面と向かって「帰りたい」と言えない方から、
帰らせ屋の私がメールをお預かりしております。
一部「帰りたい」気持ちを誇張した表現もありますが、
最後まで、なごやかな気持ちでお読みください。
-----------------------------------------------------------------
山田太郎様

本日も遅くまで残業お疲れ様です。
仕事をしているフリをするのも疲れてきたところで、
ひとつお願いがあり、メールをいたしました。
そろそろ帰らせて頂いてよろしいでしょうか?

その帰りたい理由というのは
“テレビが見たい”ということです。

「テレビがつまらなくなった」とささやかれる昨今ですが、
私はそうは思いません。

テレビは今でも、
最新の情報、最新の流行、最新のエンターテイメントを発信し、
全国共通、全年齢の見られるメディアとして、
お茶の間の家族団らんを支えてきた大事な文化です。

歴史の証人としてその文化を、
そして、合法的に見られるグラビアアイドルの水着姿を、
女子高校生がイチャイチャするだけの無意味なアニメを、
私は本気で見守っていきたいのです。

今すぐ、帰らせてください。
-----------------------------------------------------------------
以上が、早く帰りたい方からのメールとなります。
できるだけ穏便に、帰りやすい雰囲気をつくってあげてください。

…というような文面だ。帰りたい内容、帰りたいシーンなどによって文面は自動的にアレンジされる。

気乗りしないイベントや飲み会、残業が重なるこれからの時期。そんなときには上司や幹事宛てにこのメールを送って、なごやかに帰らせてもらおう!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト