上手な両立の仕方は?

働きながら転職活動するコツは?

2014.12.23 TUE

仕事をしながら転職活動をしたいと考えています。しかし日々の業務が忙しく、思うように進みません。効率的に活動するには、どのようにスケジュールを立てれば良いでしょうか。(35歳・SE)

雇用期間に定めのある契約社員などの場合、次なる転職先を探そうと思っても、日中は現職の仕事もあるので、両立はなかなか難しいもの。だからといって、転職活動が出遅れてしまえば、無職という空白期間ができてしまい、生活も危ぶまれる状況になりかねない。現職から次の職場へ、スムーズに移れるような転職活動を心がけたいものだけど、上手に行うにはどうしたらよいのか?

数々の転職成功者を輩出するリクルートエージェントによると、転職活動を効率的に進めるには、計画に沿って行動することが不可欠だとか。まずは、転職時期を具体的に決め、ゴールから逆算した活動計画を立てることが大切。同社サイトでは、希望の時期を入力するだけで「いつまでに」「何をすればいいか」がわかるツール『転職チェックリスト』も提供している。

ただし、チェックリスト上で推奨するスケジュールはあくまでも標準的な目安。仕事をしながらの転職活動は、面接日の設定に手間取るなど、意外に時間がかかることがあるため、余裕を持って、無理のない計画を立てるようにすることがポイント。

もし忙しくて転職活動になかなか手が回らないようであれば、求人を選定する、面接日時を調整するといったことを、転職エージェントに代行してもらうことも1つの方法。利用できるリソースを上手に活用することが、仕事しながら転職を成功に導く成功への近道かもしれない。

※この記事は2011年01月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト