20代男性会社員、年功序列はイヤだけど…

「給料安くても終身雇用」派が7割

2015.01.19 MON

世論調査


「能力主義・成果主義」と「年功序列」、どちらも長所・短所があるけれど…。これから就職活動をする学生の皆さんは、どちらを選びますか?
就・転職活動の際、企業選びのポイントの1つが「年功序列か?成果主義か?」という点だろう。どちらのほうが働きやすいかは人それぞれだが、「年功序列の日本企業はダメ、アメリカ型の成果主義が素晴らしい」という風潮は以前よりトーンダウンしている感もある。はたして今の若手ビジネスマンたちはどう思っているのか? 20代の男性会社員200人にアンケート調査を行った(調査協力:アイ・リサーチ)。

〈幸せになれそうな会社はどっち?〉
「能力主義・成果主義」派 62.0%
「年功序列」派 38.0%

「最近の若者は安定志向」なんて話もあるので「年功序列」派が上回るかと思いきや、3人に2人近くは「能力主義・成果主義」派という結果に。それぞれを支持する理由は以下のとおりだ。

■「能力主義・成果主義」派の意見
「頑張りがいがある」(24歳)
「成果を認めてもらいたい」(22歳)
「今の時代、能力主義でしょう」(25歳)
「バカ飼ってる会社じゃだめ」(28歳)
「今の会社は労組が強く、年功序列が根強く残っており、何一つ会社のためにならないから」(29歳)
「一番納得がいくシステムだと感じる」(25歳)
「年功序列は無能な年寄りがはびこる原因になるから」(27歳)
「仕事できないのに給料高い上司は腹立つ」(26歳)

「仕事のやりがい」や「評価の納得感」がポイントだが、「勤務先が年功序列」という実体験にもとづいて否定する声もちらほら目についた。

■「年功序列」派の意見
「労せず昇進できるから」(28歳)
「安定が1番求めること」(23歳)
「将来の金銭的な計画がたてやすい」(28歳)
「能力主義は評価する人によって変わる」(28歳)
「自分に能力があればいいが、なかった場合は悲惨なので困る」(24歳)
「心に余裕がもてそう」(27歳)
「ギスギスした職場は肌に合わないと思う」(27歳)

「生活の安定」「将来の見通し」「心のゆとり」の3つがポイントのよう。自分の能力への不安から「年功序列」を支持するコメントも目立った。

ただ、「能力主義・成果主義が多数派」=「安定志向ではない」かといえば、そうでもないのが面白いところ。

〈幸せになれそうだと感じる働き方はどっち?〉
「給料は安いけど終身雇用(正社員)」 68.5%
「給料は高いけど有期雇用(非正社員)」 31.5%

1つ目のアンケートとは対照的に、「給料は安いけど終身雇用」という“安定”を求める人が7割近くに及んだ。

今回の調査をみる限り、「給料は安くとも、終身雇用を前提にした環境で、成果・能力に応じた評価をしてくれる会社で働きたい」という若手ビジネスマンが多いのかも。できれば、そんな会社で実力を発揮して“高給と安定”両方を手に入れたいものだけど…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト