「デキるオトコは時計と靴を見ればわかる」と言うけれど…

仕事デキなそうに見える男TOP5

2015.01.19 MON


寝癖は「社会人失格」「やる気がない」「だらしない」って、女子の皆さんちょっと厳しすぎなのでは… すなべしょう / PIXTA(ピクスタ)
「デキるオトコは時計と靴を見ればわかる」とは銀座のママの目利き術だという。では一般の会社や取引先の女性たちは、オトコの外見の何をどうチェックして、仕事がデキるか否かを判断しているのだろうか。20~30代の女性200人に「仕事がデキなそうに見える男性の特徴」についてアンケート調査をしてみた(協力/アイリサーチ)。

■仕事がデキなさそうに見える男性の特徴TOP5
1位 頭や肩にフケがついている(42.5%)
2位 髪に寝癖がついている(23.0%)
3位 ワイシャツにシミがついている(20.5%)
4位 スーツにシワが目立つ(17.0%)
4位 爪が長く伸びている(17.0%)

上位を独占したのは“髪の毛”まわりの不潔感。髪は「顔の額縁」ともよばれ、見た目の5割以上を決めるというが、顔以上に印象的なパーツであるようだ。それぞれの理由を詳しく見てみよう。

1位のフケについては「自分の外見に気を配れない人が、他人に気を配れるとは思わない」(22歳)、「細かいところまで観察力があってこそ仕事ができると思うので自分の清潔管理ができていない=仕事ができないと思う」(31歳)など、厳しい意見ばかり。だらしないだけでなく、不潔な印象を与えてしまうので、フケ防止には気をつかいたいもの。

2位の寝癖については「朝の時間に余裕が無い人は、仕事の時間管理もできなさそう」(36歳)、「私生活においてだらしなく見えて、仕事もそうなのかなと思ってしまう」(28歳)など、余裕のなさから「時間にルーズな人」枠に入れられてしまうようだ。「時間がないから…」と放置していた諸君、明日から寝癖は直して出勤しよう。

一方、服装もよく見られている。3位のワイシャツについては「不潔なものを平気で着ていると、仕事に関してもいい加減に思える」(21歳)、「こんなことも気づかない人は仕事のミスにも気づかない」(39歳)など、汚れに気づかない(または気にしない)、“雑な性格”をNGとする女性が目立つ。洗濯時や着用時に汚れをあらためて見直したいものだ。

4位の「スーツのシワ」については「スーツは仕事をする上での戦闘服だと思う。それがきちんとケアできていないのは仕事をする意識が低そうに見える」(38歳)、「ヨレヨレで情けない感じがする」(22歳)など、仕事へのやる気が感じられないといった指摘も…。

5位の爪については「日常生活もPCなどの操作もしにくいだろうに切らないということは、必要なアクションをすぐに出来ない人な可能性が高い」(32歳)、「身のまわりのことが自分自身で管理できないと感じてしまう」など、自己管理できない人のレッテルを貼られてしまうようだ。

また、「仕事で初対面の男性と会ったとき、自然とチェックしてしまうポイント」についても尋ねてみたところ、以下のような結果になった。

1位 髪型(75.5%)
2位 スーツ(43.5%)
3位 顔の肌(37.5%)
4位 靴(36.5%)
5位 ネクタイ(18.0%)

初対面でもスーツや靴などのファッション以上に、やはり髪型が一番のチェックポイントらしい。逆に考えると、髪まわりさえきちんと整えておけば、そこそこ仕事がデキそうなオトコに見られるということだろうか…? 印象アップを狙う男性諸君、とりあえず美容院に行きますか!
(池田園子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト