専門職業バーが続々登場中

今度は「探偵がBARにいた!」

2015.02.07 SAT


防音仕様の個室もあり、周りの人に聞かれたくない相談もOK。スタイリッシュな店内には盗聴器やピンホールカメラのディスプレイも
トレンチコートの襟を立てながらタバコをくゆらせる。サングラスに隠れた視線の先には、ターゲットの浮気現場。通りすがりの偶然を装い、音も立てずにシャッターを切る……。

なんて、どこかで見たような探偵の姿。実際には、知り合いにいるわけもなし、たまに看板を見かける以外にはまったく知らない世界です。

ところが、そんな探偵にバーで出会えるというウワサが。

六本木の雑居ビルにある「探偵BAR ANSWER」は、探偵のコンセプトバー。これまでにも税理士バーや弁護士バー、坊主バーなど様々な専門家バーがありましたが、カウンターの向こうに立つバーテンダーがみな現役の探偵というのはかなり驚きです。

「探偵業って、怪しいとか、怖い、騙されそうなんてイメージがどうしても強いと思うんです。だからもっと気軽に、顔を見て相談できる場所が作れないか……という思いで始めたんです」

とは、店長の上岡史奈さん。バーカウンターには10人ほどの探偵が日替わりで登場するそう。まさに僕のような人間が描くステレオタイプな探偵イメージを、お酒を飲みながら解きほぐしてくれるバーなのです。

で、実際にはどんな相談が?

「やはり男女関係が多いですね。店に用意してあるシートをチェックしていただくと、浮気の可能性はすぐに判定できますよ。なかには浮気相手と別れさせたい、復縁したいなんてご相談もありますね」

依頼できないのは「法律に触れること」だそうで、浮気調査以外にも、身元調査、金銭トラブル、盗聴器発見など様々な相談にのってくれます。相談料は無料で実際に依頼した場合のみに調査料が発生するので安心です。もちろん、依頼なしで探偵と話しながら飲みたいだけの人も歓迎とのこと。

「探偵って儲かるの」とか、「今までで一番変わった依頼は」とか、「探偵のヒミツ道具って」など聞きたいことはいくらでも出てきそうです。

とりあえず、探偵さんを調査しに夜の六本木へ出かけてみるのは悪くないアイデアだと思いません?
(静 浩太/サグレス)

※この記事は2012年2月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト