これから学ぼうと思ったら…

社会人からの大学進学にかかる費用

2015.03.12 THU


SPECIALWEEK / PIXTA(pixta.jp)
社会へ出た後に学びの意欲が再燃し、もう一度大学に通いたいと思ったことはないだろうか? だが、いくらやる気があっても、実際に通うのは簡単じゃない。特に負担が大きいのは学費。初年度だけで少なくとも100万円ほど用意する必要があるようだ。せっかく合格しても学費を納入できず努力が水の泡、なんて事態は避けたい。

社会人のための大学・大学院検索サイト「大学&大学院.net」によれば、大学の初年度に納める金額の相場は国立大学で82万円、公立大学で70~110万円、私立大学(文系)で110~140万円、私立大学(理工系)で140~180万円(入学金+年間授業料+施設費など)。また、2年目以降はここから入学金15~30万円分を差し引いた金額が加算される。意外にも国立より学費が安い私立もあるようで、二部や夜間主コースなら60~90万円とさらにリーズナブルだ。

一方、大学院の初年度は、国立大学(一般)が82万円、国立大学(法科大学院)が108万円、公立大学が70~100万円、私立大学(文系)80~180万円、私立大学(法科大学院)が110~240万円、私立大学(理系)が100~180万円、私立大学(芸術)が150~200万円となっている。通信制の大学院でも60~90万円とかなり高額である。

いずれの道を選ぶにせよ、やはり安くはない負担がのしかかってくる模様。そんな時、懐寂しい人にとって強い味方となるのが、各大学が独自に用意する支援制度だ。経済的理由で学費の納付が困難な入学希望者に対し、一定の条件をクリアすれば入学金や授業料の割引や免除を行う場合がある。

例えば、成績優秀者や資格取得者に対し、学費の援助を行う大学は多い。山梨学院大学法科大学院は成績優秀者に対して学費の免除や割引を行い、千葉商科大学は簿記検定1級の資格を取得していれば1年間の授業料が半額免除、入学後に公認会計士論文試験か税理士試験に合格すれば全額免除されるという。

さらに、奨学金制度や教育ローンも、条件さえ満たせば社会人でも利用できる。強い信念と学ぶ意欲をもつ学生に対しては、門戸も大きく開かれているようだ。
(榎並紀行)

※この記事は2011年08月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト