個人ワーカーの負担を軽減

フリー向けサポートサービス4選

2015.06.06 SAT


フリーランスは自分の好きな場所で好きな時間に仕事ができるが、本業以外で生じる雑務も多い。そんな負担を減らしてくれる、便利なサービスは積極的に活用したいもの
会社や組織に所属しない、いわゆる「フリーランス」という働き方。組織のルールに縛られず自由に仕事ができる反面、諸々の雑務をすべて 一人で行わなくてはならないため負担も大きい。だが、最近は設備が充実したシェアオフィスやフリーランス向けのサービスなども増え、以前に比べると個人が働きやすい環境も整ってきている印象。そこで、フリーランスを助けてくれる、便利なサポートサービスをピックアップしてみた。

■請求書作成サービス「Misoca」
フリーで仕事を受ける場合、発注者への請求書も自ら作成し、送ることになるが、これが結構な手間。そこで便利なのが、専用ソフトがいらない請求書作成サービス「Misoca」。品名や金額など必要な情報を入力するだけで、消費税なども自動で計算してくれる。入力が終わったらPDFでダウンロード、自分で郵送もできるが、印刷から郵送までの作業を代行で行ってくれるサービスもある。さらに、請求書を作るだけで売上レポートも自動で作成してくれる。ほとんどの機能が無料で使えるのもうれしい。

■領収書整理・帳簿作成をサポート「記帳ドットコム」
請求書とならんで、ついつい後回しにしがちなのが領収書の整理。きちんと帳簿を整理していないと、確定申告のときに慌ててしまうもの。そんな手間を一手に引き受けてくれるのが「記帳ドットコム」。領収書の束を送るだけで、プロが内容を整理してくれる。また、経費に計上できるかどうか分からない項目について、気軽に相談にも乗ってくれるため心強い。

■ハイクオリティなホームページを簡単に作れる「Jimdo」
個人でも営業ツールとしてのホームページは欠かせない。現在では手軽にホームページを制作できる様々なツールやサービスがあるが、そのなかでも手軽さとクオリティの高さで評判なのが「Jimdo(ジンドゥー)」。ページのデザインは120種類のテンプレートから選択。文章や見出し、リンクも簡単に変更できる。マップやTwitter、YouTubeなど外部のサービスを取り込んだりと、ある程度は思い通りにカスタマイズ可能だ。運営会社はドイツを拠点としているが、日本語のサポートも万全で使いやすい。

■お仕事マッチングサービス「クラウドワークス」
ITエンジニアやデザイナー、ライターなどの職種に従事する人に利用されているのが「クラウドワークス」。企業や官公庁などから発注される仕事と個人事業主のマッチングを行うサービスだ。会員数は15万人を超えており、地方に住む人や子育て中の女性の登録も多い。また、「クラウドワークス」で毎月3000円以上の報酬を獲得している人を対象に、福利厚生やスキルアップ支援などのサポートも充実している。

フリーランスは面倒な手続きなども多いが、実力や頑張りがダイレクトに所得へ反映されたり、やりたい仕事に集中できたりといった喜びがあることも確か。それだけに、こうしたサポートサービスを上手に活用し、仕事に集中できる環境を整えたい。
(末吉陽子/やじろべえ)

※この記事は2014年5月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト