プロレス、プロ野球、ガンダム…わからないよ!

上司との飲み会で困る話題1位は?

2015.07.11 SAT

世論調査


「その他」として「鉄道」「昔の恋人」「風俗、ポルノ」といった意見も 写真/PIXTA
「最近の若手は飲み会の付き合いが悪い」――もはや何度となく上司世代から聞かされた言葉だけど、理由のひとつに「飲み会での話題」もあるような…。仕事の説教をされるのもイヤだけど、世代的にわからない“昔の話題”で盛り上がられるのもツラい。会話には入れないけど、つまらなそうな顔をするわけにもいかず愛想笑いでやり過ごす…。そんな経験は若手社会人なら一度はあるはず。そこで20代の社会人男性200人に、「飲み会で上司にされると面倒な話題」についてアンケート調査してみた(協力/アイ・リサーチ)。

〈飲み会で上司が盛り上がりがちだけど、面倒くさいと思う話題TOP10〉
(全12項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 昔のプロレス 229pt
2位 昔のプロ野球 164pt
3位 昔のガンダム 163pt
4位 昔のアイドル・歌謡曲 154pt
5位 昔の大相撲 113pt
6位 昔のテレビ番組 71pt
7位 昔のサッカー 58pt
8位 昔の洋楽 52pt
9位 昔の映画 51pt
10位 昔のマンガ 32pt

※番外
11位 昔のおもちゃ(ゲーム以外) 29pt
12位 昔のゲーム 19pt

上司世代が盛り上がりがちな話題がズラリ。特に上位の「プロレス」「プロ野球」「ガンダム」などは、上司世代の多くが親しんだ超人気コンテンツ。飲み会で話題になることも多く、若手男子からすると対応に困るのかも。逆に下位の「ゲーム」は、比較的新しいものなので、話題についていきやすいということか…。以下、それぞれに寄せられたコメントをご紹介しよう。

●1位 昔のプロレス 229pt
「今でも興味がない分野だから」(29歳)
「今のプロレスのことでさえ分からないから」(26歳)
「少しかじってるけど、昔なんて興味ない」(27歳)
「格闘技に興味がないから」(28歳)
「力道山ぐらいしか思い浮かばないから」(28歳)
「熱すぎるトークについていけない」(27歳)

●2位 昔のプロ野球 164pt
「ホビーカルチャーの話題の場合は知らない人にはつまらない話題だけど…という遠慮があるけれど、野球にはそれがないから。当時を知らない人には口頭ではドラマ性が伝わらないから」(27歳)
「選手がわからないときがあるから」(29歳)
「旧世代の偉人を話題に出されてもあまり興味をそがれそうだから」(25歳)
「最近のほうしか知らないから」(27歳)
「ひいき球団の話が多い」(26歳)

●3位 昔のガンダム 163pt
「見ていないから」(23歳)
「興味が無い話に返答をあわせるのがしんどい。帰りたくなる」(29歳)

●4位 昔のアイドル・歌謡曲 154pt
「おばさんの話はしたくない」(24歳)
「わからないが、カラオケとかでよくでてくる」(24歳)
「歌手や曲が分からないから」(26歳)

●5位 昔の大相撲 113pt
「功績や部屋のことも全く分からず、漠然とした名前しか知らないから」(26歳)
「今の相撲すらよくわからないのに昔の相撲はまったく知らない」(28歳)

3位「昔のガンダム」に対しては「マクロス言われても、よく知らんし」(21歳)というコメントがあったが、ガンダムシリーズとマクロスシリーズはまったく別物。ファンの上司相手にこんな“失言”をしたら、長時間拘束は必至だろう。

とはいえ、若手ビジネスマンが上司世代の年になったときは、同じようなことを言われるのかも…。
(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト