「フォロー不足」「教え方下手」「もっと褒めて」…

部下激白!上司へのダメ出しTOP10

2015.11.29 SUN

世論調査


あまりにひどい管理体制の場合には、上司への直訴も効果的!? 写真提供:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)
“部下が上司の通信簿をつける”――最近、そんな企業が増えているという。もし、そうなったとしたらあなたは今の上司にどんな評価をつけるだろう。尊敬できる上司でも、直してほしい欠点の1つや2つはあるはず。そこで、20~30代の男性会社員200人に、現在の自身の上司について、「上司としてダメだと思うポイント」をアンケート調査した。

■部下が告白!自分の上司が足りない能力TOP10
(14の項目から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計 協力/アイリサーチ)

1位 部下へのフォローが不足している 202pt
2位 部下のモチベーションを上げるのが下手 142pt
3位 仕事の教え方が下手 137pt
4位 部下を褒めることができない 103pt
5位 部下への指示の出し方が下手 88pt
6位 部下に仕事を任せることができない 84pt
7位 部下を厳しく叱ることができない 72pt
8位 職場の雰囲気を良くするのが下手 70pt
9位 会社の上層部との交渉が下手 63pt
10位 部下への仕事の割り振りが下手 57pt

※番外
11位 突発的なトラブルに弱い 56pt
12位 業務の効率化を図るのが下手 45pt

部下を上手に管理するスキルが必須となる、上席者のポジション。しかし、プレイングマネジャーも多いからか、「部下へのフォロー不足」(1位)を感じている部下が多い模様。また、“人を乗せる”のが苦手な上司も多いようで、2位に「モチベーションを上げるのが下手」、4位の「褒めることができない」などが挙がった。では、実際にトラブルが生じているのか。各項目の回答者に、選んだ理由も教えてもらった。

【1位 部下へのフォローが不足している 202pt】
「部下を管理できていない人が多い」(28歳)
「ほったらかしはどんな人であっても嫌われます。フォローしない=面倒みない と同じ」(31歳)
「部下の状況が把握できてない可能性があるため。納期に影響がでる」(36歳)
「周りを把握できていない。都合の悪い事象になると、姿を消す。逃げるようにいなくなる」(38歳)
「言いっぱなしで、フォローをしない上司の部下がどんどん辞めていったのを見たから」(39歳)

【2位 部下のモチベーションを上げるのが下手 142pt】
「部下のモチベーションを上げないと、自分だけでは仕事ができず、効率が悪くなるから」(30歳)
「個人的に以前の上司はモチベーションを上げるのがうまく、仕事に対してやる気が出たから」(33歳)
「リーダーは強い言葉が必要」(39歳)
「モチベーションを下げさせるのが得意な奴が多いので」(39歳)

【3位 仕事の教え方が下手 137pt】
「的確に物事を伝えるスキルがない人は信用できないから」(23歳)
「(自分の上司は)何を言っているのかわからない」(29歳)
「難しい言葉をよく使い初心者には大変分かりにくい」(36歳)

【4位 部下を褒めることができない 103pt】
「素直に褒めることができない人には評価もしてもらいたくないから」(33歳)
「失敗したらすぐ怒るのに、頑張って良いことをしても褒めることがない。そもそも悪い面しか話さない」(36歳)

【5位 部下への指示の出し方が下手 88pt】
「指示ミスはかんべんして欲しい」(35歳)
「指示によってはこちらの仕事が増えるから」(37歳)

【6位 部下に仕事を任せることができない 84pt】
「割り振りができないので本人が追い詰められて倒れそうになっている」(30歳)
「自分の上司がこのタイプで、実際に困っている。一人で全て抱え込まれると、その後の工程すべてに支障が出る」(36歳)

【7位 部下を厳しく叱ることができない 72pt】
「部下に舐められた組織はしっかりとしないから(和田監督時の阪神タイガースのように)」(38歳)

【8位 職場の雰囲気を良くするのが下手 70pt】
「人間関係が悪くなる」(27歳)

【9位 会社の上層部との交渉が下手 63pt】
「上司は部下が働きやすい環境をつくるのが仕事だから」(33歳)

【10位 部下への仕事の割り振りが下手 57pt】
「仕事の質、量のバランスがとれなくなってしまい、グダグダになるケースをよく見ているから」(39歳)

冷静な“上司評”ながら、恨みつらみが文面からにじみ出ているものも…。確かに部下としては頼りない上司の下につくのは苦痛で仕方ないが、上司だって一人の人間。完璧に役割を果たすのは難しい。自分が上司になったときも思い描きながら、参考にしてみてほしい。
(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト