男にとっては非常事態…あなたは経験ありますか?

若手男子○割が職場で涙!理由は

2016.01.11 MON

世論調査


昨年12月1日からは、従業員50名以上の事業所に対して“ストレスチェック”が義務付けられるようになった。「あまりにつらい」と感じたら、医療機関や社内のしかるべき部署に相談を! 写真/PIXTA
「女子の涙は勝利の涙なり 男子の涙は降伏の涙なり」という言葉があるという。

男子たるもの、戦場(?)である職場で「降伏の涙」を見せることなどできない! とはいえ、あまりにストレスフルな仕事に直面すると、思わず涙がこぼれそうになることだってあるはず…。そこで、20~30代の独身会社員男性200人に、「職場での涙」についてアンケート調査した(協力/アイリサーチ)。

〈あなたは、職場で泣いたことがありますか?〉※トイレでこっそり…なども含む
・泣いたことがある 12.5%
・泣いたことはない 87.5%

「泣いたことはない」という人が、かなりの多数にのぼった! が、「職場で涙」という非常事態に、10人に1人以上の若手ビジネスマンが陥ったことがある…と考えれば、多いともいえる? 「泣いたことがある」と答えた人に、その理由を聞いてみた。

●「つらい…怒られ&ストレス」系
「ミスをして悲しくて泣いた」(24歳)
「仕事で失敗して上司に激怒されて」(26歳)
「配属後まもなく、ただ仕事を早くやれとばかり言われ、精神的に追い込まれたから」(30歳)
「仕事がうまくいかなくてよく怒られて落ち込んだ」(37歳)
「ストレスがたまり過ぎて悲しい涙を流した」(39歳)

●「こみ上げる悔し泣き」系
「仕事で同期の人間に負けてしまい、悔しくて泣いた」(30歳)
「人間関係で」(27歳)
「仕事が他責とはいえ間に合わなかった時」(36歳)
「仕事が報われず理解をしてもらえなかったので」(31歳)
「上司とけんかして負けた時」(36歳)

●「感動のうれし泣き」系
「いつも厳しい先輩に仕事でかばってもらった」(27歳)
「上司にねぎらいの言葉をかけられて」(37歳)

●「自分でもわからないの…」系
「なぜか涙が出てきた」(35歳)

●「その他」系
「異性に嫌われて」(28歳)

「職場の異性に嫌われて思わず涙」という、ある意味繊細な人もいるようだが、多くは、仕事でストレスや悲しみを抱えて涙してしまっているよう…。どうせ気恥ずかしい「降伏の涙」なら、うれし涙を流したい!
(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト