転職に有利なスキルから、YouTuberデビューまで

転職、副収入につながるPC活用術

2016.03.11 FRI


今や子供にも人気の「YouTuber」。“顔出しナシ”でも人気を獲得している人もいるようだ イラスト=タテノカズヒロ
年度末を迎えるこの時期、なかなか上がらない給与明細の額を見て頭を抱える人も多いのでは。「いっそ、転職して収入UPを」と思ったとしても、このご時世に“丸腰”で転職活動に挑むのは不安。どんなスキルがあれば、自分を高く売り込めるのか? 転職エージェント・アクシス代表の末永雄大氏はこう語る。

●「なんとなく転職…」は×。スキルを高めれば思わぬハイスペ求人も…
「営業職や企画営業職であれば、PCを使った、ある程度の数値分析スキルが重要でしょうね。近年増えているWeb 広告系の求人では、特に重視されるといっていいでしょう。Googleドキュメントなど、クラウド系のツールへの知識や理解もよいと思います」

これは、IT 系以外の企業でも同様だという。

「ビッグデータの活用が各業界で当たり前になりつつある昨今、通常の事業会社であっても、データや数値分析能力は、あると重宝されますよ」

では、事務系の仕事ではどうか?

「事務系の正社員求人を出すのは、100~300人規模のベンチャーや中小企業がメイン。この層は、日本では一番多いプレイヤーです。求職者のなかには特にこれといったスキルがなく『なんとなく事務がやりたい…』という方もいますが、それだとやはり厳しい。逆にExcelやAccess(データベースやアプリを作成できるソフト)などのスキルが高い人には、かなりハイスペックな求人が見込めます」

●転職は難しくても…ネットをつかった副収入獲得もアリ!?
とはいえ、いきなり転職活動が成功するとも限らない。おこづかい程度でも、なにか副収入を得られないものか…。昨今はネットのアフィリエイト広告でおこづかい稼ぎをしている人も多いと聞く。例えば、有名人も登場し近年話題なのがYouTube動画による広告収入を得る「YouTuber」。YouTubeと企業をつなぐプラットフォーム、「EUREKA」の坪田正信氏がYouTuberデビューについて教えてくれた。

「YouTuber デビューするにあたり大切なのは、『ジャンルを問わず、継続して動画を投稿すること』。手軽に始めてしまうことがポイントで、最初はスマホ撮影でも十分。動画は横撮りがオススメですが、撮影や編集にはあまりこだわらず、明るさをしっかり確保したり、雑音が少ない環境にしたりするくらいでOKです」

何より気になるのは収入額。どのくらい稼げる?

「その人がどのような動画をどれくらい投稿できるか次第ですが、1円も収入が見込めない動画もあれば、月に100万円稼ぐのも夢ではありません。はじめは全然視聴されなくても、諦めずに継続し、視聴者が見たいものは何かを考え、他のYouTuberを研究する。そうすれば、誰にでも人気YouTuber になるチャンスがあります」

難しく考えずに、まずは行動。そして、継続は力なり。迷って行動しないよりも、フットワークの軽さが収入UPへつながる!?
(奈古善晴、明日陽樹/考務店+R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト