『会社の中はジレンマだらけ』中原 淳氏が語る

若手マネージャー、年上部下との付き合い方は?

2016.05.17 TUE

会社では学べない!ビジネスマン処世術 > “仕事本”に学ぶ


中原 淳(なかはら・じゅん)1975年、北海道旭川市生まれ。東京大学大学総合教育研究センター准教授。東京大学大学院学際情報学府准教授(兼任)。(画像は近著)
新任リーダーの悩みを様々な“仕事本”の著者に相談するこの連載。今回は、『会社の中はジレンマだらけ 現場マネジャー「決断」のトレーニング』(光文社新書、Yahoo! 執行役員・本間浩輔氏との共著)を著した中原 淳氏(東京大学准教授)に話をきいた。

多くの人がいる社内で、バランスよくマネジメントするのは至難のワザ。たとえば、やる気のない“年上部下”の場合はどうだろう?

●社内の「働かないおじさん」 どうすれば?


「まず、十把ひとからげに“年上”“おじさん”というのではなく、どんな人なのかをよく観察してほしいですね。彼らへの対処法はふたつあります。ひとつは『青臭いやり方』。リスペクトできることがあるならリスペクトして、『お知恵を借りながらやっていきたいんです』と“同じ船”に乗る。可能ならこのほうがいいと思います。

問題はそれが難しいとき。“ダメダメプー”な年上もいるでしょう。これは『血なまぐさいやり方』をするしかない。淡々と事実を伝えてフィードバックをしてください。私はマネージャー向けの研修も担当していますが、大体の若いマネージャーは、フィードバックする相手の目を見られない。そして腕組みをしている。これは反論が怖いから、自分を守ろうとしているんです」

中原氏は、相手にとって耳の痛いことを言うのに準備不足の人が多い、と指摘する。

「たとえば『最近、やる気ないですよね』なんて言い方をされたら、部下からすると反論したくなるもの。『ありますよ!』って言い返されて、あとはもう『テメー、コノヤロー』って感じになってしまう…。相手をちゃんと観察して、情報にもとづいた事実を集めてください。『シチュエーション(=状況)』『ビヘイビア(=行動)』『インパクト(=結果生じていること)』の3点を意識して、『あの状況での行動が、周りにこんな影響を与えた』というふうに話すと効果的です。

でも、本当はそういう人を生まないようにするのが大事なんですけどね。無気力というのは、長期的に学習された結果。彼らは『どうせやってもムダだよ』を繰り返してきた結果、『学習性無気力』とでもいうべき状態に陥っているんです」

●全体のモチベーション管理は“シラけ”を検出することが重要


様々なタイプの部下がいるのがマネジメントの難しいところ。たとえばミーティングでチームの士気を高めたところで、若手が盛り上がっている一方、ベテランは冷めているということもあるだろう。あるいはその逆も…。

「全員は救えないかもしれないし、全員救う必要もないと考えています。若いマネージャーは『みんな救わなきゃ幻想』にとらわれている人が多い。でもマネージャーは“メシア”じゃありません。会社にはいろいろな人がいるから、どこかで必ず“シラけ”が生まれます。よく観察して、そのシラけを検出してほしい。大事なのは『誰にシラけられちゃ困るのか』。チームのキーマンを見極めてください」

(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト