国内最後の“空白地帯”

セブン-イレブン沖縄出店へ 限定商品に期待!

2016.07.03 SUN

噂のネット事件簿


セブン-イレブンが沖縄を席巻する? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月29日、沖縄タイムスなどは、コンビニ大手「セブン-イレブン」が2~3年以内に沖縄へ出店する予定があることを報じた。報道によれば、同店を展開しているセブン-イレブン・ジャパンが現在、県内の複数企業とフランチャイズ契約などの交渉を進めているところだという。

県内ではすでに「沖縄ファミリーマート」が300店舗、「ローソン沖縄」が200店舗に迫る勢いで出店している。セブン-イレブンは昨年10月に鳥取県に出店し、未出店の都道府県は現在沖縄県だけ。このニュースが報じられるとツイッタ―には、

「まじかーーー!!!!!!」
「セブンイレブンが沖縄に来るとか、ぶ、ぶ、文明が来るぞおお。スタバ進出時みたいに行列が初日だけだろうけどな!」
「ついに国内最後の空白地を埋めるときがきたか」
「セブンイレブン沖縄進出ってまじか めっちゃ嬉しいんだけど」

などと喜ぶ声が多数あがった。

沖縄といえば、各コンビニとも“沖縄限定商品”を発売しているのが魅力のひとつ。例えばローソン沖縄では「ポーク玉子おにぎり(高菜)」や、ご飯を覆い隠すほどの具材がのっている「うちなー弁当」を販売している。沖縄ファミリーマートでは「ソフトクリーム濃厚生クリーム」が人気であるほか、今年は「ゴーヤー炒飯」などを新発売。店内でオリオンの生ビールが飲める店舗もある。

セブン-イレブンでは “セブンプレミアム”ブランドの商品クオリティが高いと評判。また、これまでにも地域限定スイーツやおにぎりなどを販売してきたため、

「やっと、やっとで沖縄にもセブンイレブン! 美味しいそーなスイーツがセブンイレブンの商品って事 多々なので、楽しみです」(原文ママ)
「(沖縄セブンイレブン限定商品とか期待しちゃうな)」
「ついにセブンイレブンが沖縄に進出するらしい、しかしなんで今なんだ?わからんけど泡盛コーヒーみたいな沖縄限定商品に期待してる」

など、沖縄限定商品に期待を寄せる人も少なくない。

短期間で特定の地域に集中出店し、地域での知名度アップを図る経営戦略で知られるセブン-イレブン。出店すれば、沖縄県内のコンビニ事情が大きく変わりそうだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト