「襲われない」「拳銃見ない」など衝撃の海外事情も…

やっぱり日本が一番!? 海外赴任で気づいたコトTOP10

2016.07.02 SAT

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


海外赴任は、日本の良さを再認識するチャンスなのかも…
写真:kou / PIXTA(ピクスタ)
第1四半期が終わり、7月1日で辞令を受け取った人は少なくないだろう。なかには、海外に転勤を命ぜられた人もいるのでは? 言葉や風習が全く違う環境で学ぶことも多いが、逆に海外赴任を経て、改めて日本の良さに気づくこともある。そんな帰国後の“気づき”を、海外赴任経験のある20~30代男女会社員100人に聞いてみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■帰国して気付いた日本の特徴TOP10

(19の項目から1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 やっぱり日本は治安がいい 168pt
2位 やっぱり日本は清潔 107pt
3位 やっぱり日本の食事は美味しい 86pt
4位 やっぱり日本人は几帳面 65pt
5位 やっぱり日本人は真面目 39pt
6位 やっぱり日本人は働き者 23pt
7位 やっぱり日本人は表情に乏しい 21pt
8位 やっぱり日本人は時間に正確 19pt
9位 やっぱり日本のスーパーは品揃えがいい 13pt
10位 やっぱり温水洗浄便座は快適 10pt

1位は、日本を旅行する外国人からもよく聞く「治安の良さ」への気付き。また、「几帳面」「真面目」「働き者」など、日本の“国民性”を改めて認識する、という人も多いようだ。上位の項目に対する経験者からの意見は以下の通り。

【1位 やっぱり日本は治安がいい】
「盗まれない」(33歳・女性)はもちろんのこと、「落とした財布が戻ってくる」(27歳・女性)というコメントも。なかには、「拳銃を見ないから」(23歳・男性)、「襲われることが無い」(35歳・男性)、「夜一人で裏路地とか歩けるから」(38歳・男性)など、日本と海外の治安の差が如実に表れている回答も。

【2位 やっぱり日本は清潔】
「水が綺麗」(27歳・女性)、「トイレもきれいだし、どこでも清潔」(37歳・男性)など、水質や環境の良さを指摘する声が寄せられた。経済発展が目まぐるしい新興国での大気汚染が国際的な問題となるなか、「街中で不快なにおいがしない」(30歳・男性)と感じる人もいたようだ。

【3位 やっぱり日本の食事は美味しい】
「日本に帰ると食事が美味しくて逆に太る」(25歳・女性)、「世界で一番おいしいと思う。種類も多い」(33歳・男性)など、豊かな日本の食文化を絶賛。「何を食べても美味しく感じました。脂っこくないメニューが多いのが嬉しかった」(38歳・女性)と、ヘルシーさを評価する声もあった。

【4位 やっぱり日本人は几帳面】
「(海外の人は)荷物をおおざっぱにしていたから」(27歳・男性)、「時間を守る」(38歳・女性)など、日本の“常識”が海外で通用しないことを経験したからか、キッチリした日本人の気質を改めて実感する、という人は少なくない。

【5位 やっぱり日本人は真面目】
時に「まじめすぎる」と批評されがちな日本人だが、「よく働く」(34歳・女性)、「マナーがよい」(27歳・女性)という点は、海外赴任を経験した人にとっては身に染みて感じることのよう。

このほか、【9位 やっぱり日本のスーパーは品揃えがいい】に対しては「海外だと日本の商品が手に入りにくいから。手に入ったとしても、日本の数倍の値段はするから」(33歳・女性)、【10位 温水洗浄便座は快適】には「清潔で安心する」(34歳・女性)などの意見が寄せられた。

いずれも日本にいると“当たり前”のように感じるポイントだが、所変われば事情も変わる。海外赴任を控えているというあなたは、経験者の意見を参考に、心の準備をしておくべし。

(藤あまね)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト