体操・白井健三、陸上・ケンブリッジ…先輩200人が選ぶ

「後輩になってほしい」リオ五輪戦士TOP10

2016.09.04 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


1番人気だった白井健三。個人のゆかでメダルを逃した際に見せた「ごめんなさい」ポーズのようなかわいい仕草も人気の一因
写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ
日本列島が熱狂したリオデジャネイロ五輪が閉会して早2週間。いまだ「リオ五輪ロス」を感じている人もいるのでは? そんなリオ五輪で目立ったのが「チーム最年少選手」などの“後輩”たちの活躍。いわば「縁の“年下”の力持ち」ともいえるような頑張りで、先輩たちを鼓舞する様子も多く見られた。彼らのような後輩がいたら、職場の雰囲気はかなりよくなりそうだ。

では、そんな選手たちのなかで、ぜひ一緒に働いてみたいと思えるのは誰だろうか。リオ五輪に出場した23歳以下の選手のなかで、「自分の職場に、後輩として入社してきてほしい」と思う人物を挙げてもらった。20代の男性会社員200人が選んだ後輩ナンバー1はこの選手!

■「後輩として入社してきてほしい」リオ五輪選手TOP10

(14の選択肢から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

1位 白井健三(体操) 184pt
2位 ケンブリッジ飛鳥(陸上) 132pt
3位 瀬戸大也(競泳) 100pt
4位 池江璃花子(競泳) 99pt
5位 浅野拓磨(サッカー) 98pt
6位 登坂絵莉(レスリング) 90pt
7位 伊藤美誠(卓球) 81pt
8位 萩野公介(競泳) 69pt
9位 桐生祥秀(陸上) 62pt
9位 川井梨紗子(レスリング) 62pt

番外
11位 南野拓実(サッカー) 61pt
12位 ベイカー茉秋(柔道) 54pt

1位は体操団体の金メダルに大きく貢献した白井健三。チーム最年少ながら、「跳馬」と「ゆか」の2種目に出場しどちらもチーム最高点を記録した。2位は、銀メダルを獲得した陸上男子4×100mリレーのアンカーとしての活躍が印象的なケンブリッジ飛鳥で、3位は競泳男子400m個人メドレー銅メダルの瀬戸大也。男性選手が3位までを独占した。以下、それぞれの選手へのコメントを見ていこう。

【1位 白井健三(体操)】
「頑張り屋さんであどけない感じなので構ってあげたくなる」(22歳)
「よくいうことをきいてくれそう」(23歳)
「誠実で真面目そうなので、どんな仕事も一生懸命取り組んでくれると思うので」(25歳)
「人柄も良さそうだし、可愛がられそうな感じだから」(26歳)

【2位 ケンブリッジ飛鳥(陸上)】
「のりがよさそう。話題も面白そう」(25歳)
「自分も負けずに頑張ろうと思えそう」(26歳)
「前向きで高みを目指していそうだから」(27歳)
「仕事に対して熱く、モチベーションが高まる」(28歳)

【3位 瀬戸大也(競泳)】
「なんでもできそう」(24歳)
「真面目そう」(27歳)
「話しやすそうなので」(28歳)
「仲良く仕事できそうだから」(29歳)

【4位 池江璃花子(競泳)】
「かわいい」(23歳)
「将来性がある」(27歳)
「まじめそうだから」(28歳)
「ともにがんばれそう」(25歳)

【5位 浅野 拓磨(サッカー)】
「明るくて職場が明るくなりそうだから」(26歳)
「勢いがありそうだから」(28歳)
「動きが機敏そうだから」(28歳)
「ヤル気がありそうだから」(29歳)

【6位 登坂絵莉(レスリング)】
「頼もしいイメージがあるから」(25歳)
「一生懸命仕事をしそうなイメージがある」(27歳)
「明るいので元気をもらえそう」(29歳)
「自分の言うことを素直に聞いてくれそうだから」(29歳)

【7位 伊藤美誠(卓球)】
「向上心がよさそう」(27歳)
「常識離れで頑張りそうだから」(28歳)
「将来性を感じるから」(29歳)

【8位 萩野公介(競泳)】
「粘り強いから」(24歳)
「一緒にいい仕事が出来そうなので」(26歳)
「自分の指示をしっかりと理解し、指示内容に忠実に仕事をしてくれそうだから」(27歳)
「天才肌でなんでもできそうだから」(28歳)

【9位 桐生祥秀(陸上)】
「日本で一番足がはやいから」(24歳)
「何でも早そう」(26歳)

【9位 川井梨紗子(レスリング)】
「場が明るくなりそう」(28歳)
「頼りになりそうなので」(28歳)

後輩を選ぶうえでは、単に一緒に仕事をしたら楽しそう…という以外に、「素直に言うことを聞く」「忠実」などの要素も重要だということがわかるコメント。とはいえ、スポーツであれほど人々を感動させることができる選手たちが業務に臨んだら、自分より仕事はできそう。入ってきてほしいようで入ってきてほしくない…というのが本音かも?

(小笠原敦)

■一緒に働きたい五輪選手同僚男性編はこちらから

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト