休みの日に出社準備、自動改札機に会社ID、etc.

「オレ疲れてるな…」4割の男性が実感する瞬間は?

2016.09.14 WED

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


改札で颯爽と会社のIDを出し、「ピンポーン」。恥ずかしさもあいまって、より疲れを感じてしまいそうだ…
写真:Kaylee / PIXTA(ピクスタ)
9月といえば、多くの企業の上期決算月。ノルマ達成や事務処理のため、駆け込みで仕事を片付けている人も多いのではないだろうか。連日の残業で疲れが蓄積し、普段ならしない“ちょっとしたミス”をしてしまうなんてことも。そんな「『疲れているな』と感じるうっかり行動」について、20~30代の男性会社員200人にアンケートを行ってみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

●「疲れているな」と感じるうっかり行動TOP10

(12の選択肢のうち、当てはまるものを複数回答)

1位 居眠りして電車を乗り過ごし離れた駅で気づく 44.5%
2位 休みの日なのに、会社に行く準備をする 23.5%
3位 テレビに向かってエアコンのリモコンを押す 21.0%
4位 ランチ(外食)時に財布を忘れて外出する 18.0%
5位 冷たい食べ物なのに、冷ますために息を吹きかける 17.5%
6位 スイカなどの電子マネーの代わりに、会社のIDを自動改札機にかざす(もしくは逆) 14.5%
7位 クリーニングのタグをつけたままスーツやコートを着て出勤する 13.0%
8位 自動販売機に1円玉や5円玉などを入れて買おうとする 12.5%
9位 ワイシャツやコートのボタンを掛け違ったまま出勤する 10.0%
9位 左右の靴下がバラバラのまま出勤する 10.0%

※番外
11位 仕事の電話に家族や友人と話すときのテンションで出てしまう 7.5%
12位 家の鍵と会社の鍵(ロッカーやIDカードなど)を間違えて使おうとする 7.0%

4割強のビジネスマンが共感したのが、「居眠りして電車を乗り過ごす」行動。通勤・帰宅時に運よく座れたと思ったら、いつの間にか眠ってしまい降りる駅を乗り過ごした…、という実体験がある人も多いのでは? また、起床後、慌ててワイシャツを着た後に休日だと気付く、というのは筆者もある経験。では、各項目への回答者のコメントを見てみよう。

【1位 居眠りして電車を乗り過ごし離れた駅で気づく 44.5%】
「寝過ごして終点駅まで行ってしまい、帰れなくなった」(27歳)
「仕事が忙しかった時に、複数回経験があるから」(30歳)
「寝るつもりが無くても寝ている時点で相当に疲れていると考えるため」(37歳)

【2位 休みの日なのに、会社に行く準備をする 23.5%】
「休みの日に朝寝過ごしたと思い急いで着替えようとしたが休みだと気がついた」(32歳)
「仕事だと思って、起きたことがある」(37歳)
「休みだということを忘れて、いつもと同じ時間に起きて仕事の準備にかかり終えてから、家族に指摘されるとき」(39歳)

【3位 テレビに向かってエアコンのリモコンを押す 21.0%】
「たまにこれをやってしまう」(31歳)
「典型的な疲れボケだから」(34歳)
「疲れて家に帰った時にある」(38歳)

【4位 ランチ(外食)時に財布を忘れて外出する 18.0%】
「後悔感が半端ない」(28歳)
「注意散漫になっているから」(31歳)

【5位 冷たい食べ物なのに、冷ますために息を吹きかける 17.5%】
「しなくてもいいことをやってしまう」(34歳)

【6位 スイカなどの電子マネーの代わりに、会社のIDを自動改札機にかざす 14.5%】
「意識がぼやけている時にするから」(34歳)

【7位 クリーニングのタグをつけたままスーツやコートを着て出勤する 13.0%】
「注意力が散漫だと思うから」(37歳)

【8位 自動販売機に1円玉や5円玉などを入れて買おうとする 12.5%】
「体が疲れて、頭がぼーっとしていて、自動販売機でやってしまった」(27歳)

【9位 ワイシャツやコートのボタンを掛け違ったまま出勤する 10.0%】
「余裕がないと思う」(39歳)

【9位 左右の靴下がバラバラのまま出勤する 10.0%】
「実際にバラバラの靴下で出勤してしまった事があるから」(29歳)

各項目で、「やってしまったことがある」という実体験に基づくコメントがズラリ。注意力が散漫になる“余裕がない状態”を経験したことのあるビジネスマンは、意外と多いようだ。

普段はしないうっかりミスは、重大な過失につながることもある。体からのサインに気付いたら、一度自分の働き方を見直してみては?

(吉田良雄)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト