変るか変わらぬか、それが問題だ。

20~30代男性 新年度の異動を望まぬ会社員が77%

2017.03.08 WED

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査

「聞いてないよー」。ダチョウ倶楽部のギャグが脳内に虚しく響く年度末
画像:xiangtao/PIXTA
春は分かれと出会いの時期。そして、会社員にとっては本人の希望だけではどうにもならない「チェンジ」の時期でもあります。望んでいようがいまいが、部署異動の辞令に従うのもまたお勤めのひとつ。大きな力に抗うのは難しいわけで…。

そこで、20~30代の社会人男性200人にアンケート調査。新年度から違う部署に行きたいと思うかどうか、聞いてみました。(R25調べ。協力/アイリサーチ)

〈新年度から「違う部署に行きたい」と思いますか?〉

違う部署に行きたいと思う 23.0%
違う部署に行きたいと思わない 77.0%

比率にしてほぼ1:3。部署の移動を願う人は少数派のようです。また、20代、30代と年代別で見てもほぼ上の数字と同じでとくに違いは見られませんでした。

続いて「違う部署に行きたいと思う」と回答した方46人を対象に聞いた、その理由について見ていきましょう。

〈今とは違う部署に行きたいと思う理由TOP10〉

(全12項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1位で集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)
【総合】
1位 スキルアップのため 70pt
2位 給料アップのため 56pt
3位 能力を生かせる部署が別にあると思うため 36pt
4位 業務内容がつまらない(飽きた)ため 24pt
5位 嫌いな上司、同僚、後輩がいるため 22pt
6位 部署の風土が合わないため 20pt
7位 ノルマがキツイため 12pt
8位 勤務地を変更(転勤)したいため 9pt
9位 労働時間が長いため 8pt
10位 花形部署に行きたいため 7pt

※番外
11位 違う部署に尊敬できる上司や先輩、同僚がいるため 6pt
12位 違う部署に(恋愛感情で)好きな人がいるため 2pt

スキルアップ、給料アップ、能力を生かせる…と、ポジティブな選択肢がトップ3を占めた形。なお、こちらの質問については世代別にすると違いが見られました。

【「違う部署に行きたいと思う」理由 世代別順位(20代/30代)】
1位 スキルアップのため/スキルアップのため
2位 業務内容がつまらない(飽きた)ため/給料アップのため
3位 給料アップのため/能力を生かせる部署が別にあると思うため

1位は変わりませんが、20代ではネガティブな理由「業務内容がつまらない」が2位につけています(30代では6位)。仕事を始めて日の浅い若い世代の方が、つまらない、飽きたと感じているのか…。

では次に、それぞれを選択についてのコメントを見ていきましょう。※並びは総合順

【1位 スキルアップのため】
「いまの場所以外のスキルを身に付けたいから」(26歳)
「別の仕事ができるので必然的にスキルアップに繋がる」(31歳)
「視野が広くなる 会社が見られる」(34歳)
「今の業務はスキルが必要ないから」(38歳)
「いろんな仕事ができるようになりたい」(38歳)

【2位 給料アップのため】
「残業をして稼ぎたい」(33歳)
「今の仕事が不満」(37歳)
「もう少しお金がほしい」(28歳)

【3位 能力を生かせる部署が別にあると思うため】
「今の部署だとまだ生かし切れていない」(37歳)
「営業はいや」(39歳)

【4位 業務内容がつまらない(飽きた)ため】
「ずっと同じ部署であるから」(37歳)
「単調な業務内容なので」(27歳)

【5位 嫌いな上司、同僚、後輩があるため】
「入社以来、唯一嫌いな上司がずっと一緒の部署であり、モチベーションが下がるから」(31歳)

【6位 部署の風土が合わないため】
「上下関係が激しいから」(25歳)

【7位 ノルマがキツイため】
「他が働かない」(38歳)

【8位 勤務地を変更(転勤)したいため】
「東京勤務がしたいから」(26歳)

※9位「労働時間が長いため」、10位「花形部署に行きたいため」については該当コメント無し

3月もそろそろ半ば。まさに部署の異動についても内示がでるこの時期。多数派である「違う部署に行きたいと思わない」人たちにの中には、内示がなく、ほっと胸をなでおろしている人もいるでしょう。今年はくぐり抜けたとしてもまた来年はまた別の話。サラリーマンにとって世紀末ならぬ“年度末”の到来は、何よりの不安を感じている時期だったりして。

(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト