副業制度導入企業に直撃!!

ロート、サイボウズに聞く!「副業・兼業」のメリット

2017.03.14 TUE

会社では学べない!ビジネスマン処世術 > 働き方最前線

「社外チャレンジワークは本人が思い立つきっかけが必要だと思うので、年1回、自分のキャリアを棚卸する自己申告書提出の際にリマインドアナウンスをしています」(ロート製薬・山本さん)
今年度内に厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定をなくし、“原則禁止”から“原則容認”に転換することを政府が発表した。今後は、副業を認める会社も増えていくことだろう。R25が20~30代の男性ビジネスマン200人を対象に行った調査でも、「会社は副業・兼業を認めるべき?」という問いに対して、「認めるべきだと思う」と答えた人が71.5%(143人)となり、多くの社員が容認を希望しているようだ。

ただ、社員の副業を許可した結果、社内の業務に支障が出る…ということにはならないのだろうか? 2016年2月に兼業制度である「社外チャレンジワーク制度」を制定し、社員の副業・兼業を認めているロート製薬の人事総務部・山本明子さんに、制度導入のきっかけや実情を聞いた。

「『社外チャレンジワーク制度』は、社内の有志が集まって人事制度について議論する『ARK(あしたのロートを考える)2014人事制度改革プロジェクト』のなかで生まれました。30代が中心の10人前後のメンバーが『倍量倍速で成長するにはどうしたらいいか?』と話し合って出た結論が“副業・兼業”だったんです」(山本さん)

国の政策や人事部の意向ではなく、社員の声をもとに制度をスタートさせたというわけだ。そのため、人事部からの条件は「社会人経験3年目以上に限る」「本業に影響しない範囲での労働であること」「競合他社ではないこと」「深夜勤務など健康を害する労働は避けること」で、自由度が高い。2016年度は60人、2017年度に向けては新たに30人から申し込みが届いたという。具体的な副業内容も聞いた。

「系統は大きく4つに分けられます。1つ目はボランティア。2つ目は起業。3つ目は資格を生かした労働です。例えば薬剤師として調剤薬局に立ったり、キャリアコンサルタントのスキルを生かして大学で講義したり。4つ目は社内の業務と関係のない職種での労働です。『毎週水曜』などレギュラーで働くより、単発で働いている人の方がうまく活動できている印象です」(山本さん)

ロート製薬以外にも副業制度を実施している企業はある。サイボウズでは今年1月から複(副)業前提での中途採用を開始した。その理由とは?

「2012年から弊社でも複業を認め、実践する社員も増えました。しかし、複業先としてサイボウズへの入社を考える人は多くありません。フルコミットでなくとも貢献してくれる人材が増えれば、私たちの掲げる“世界で一番使われるグループウェアメーカーになる”というビジョンの実現に近づくと考え、複業採用を打ち出しました」(サイボウズ人事部・武部美紀さん)

複業前提の人材を採用するメリットを武部さんに聞くと、「そもそも“複業”したいと考える方は自立していて、エネルギーも大きい。多様な働き方を目指す弊社の考え方への共感度も高い方と出会えると思うからです」とのこと。

複業採用は募集初日からエントリーがあり、社内でも注目度の高さに驚いているそう。社外からは賛否両論届いているようだが、「複業採用が働き方の議論のきっかけになったことは、社会にとっても大きなことだと思う」と話す。

ところで、社員にとって副業・兼業は「幅広い能力の成長を促す」「自分の実力が試せる」というメリットが考えられるが、会社にとっての利点とは?

「“会社の業績を伸ばす”という観点はあまりなくて、あくまで“個人の成長の後押し”としての制度です。副業をしている方から『社内だけでは作れなかった人脈ができた』『社内にはない仕事ができて自分の可能性が広がった』という声を聞きますし、『ロートの看板の大きさがわかった』と世間の厳しさに気付くこともあるようです。副業での経験が業務に直接的に作用した例はまだありませんが、個々の成長や気付きが副次的に社内の業務にもいい影響があると思います」(ロート製薬・山本さん)

「会社にとっては、個人の自立促進と多様な働き方の実現につながると考えます。また社会全体で見ても人材不足を解消する手段になりますし、働き方の見直しで生産性向上にもつながるでしょう。個人にとっては複数の収入源を得ることで、収入の安定化につながります」(サイボウズ・武部さん)

導入している会社で活用され始めている「副業制度」。自分自身の成長とともに、働き方を見つめ直すきっかけにもなりそうだ。

(有竹亮介/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト