部下たち&上司たちにアンケート調査

上司47%が「自分より仕事デキる部下がいる」と回答!

2017.03.28 TUE

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査

上司のプライドとしては、「部下が自分よりもデキる」というのは認めたくないところだが…
写真/PIXTA
毎年恒例の、明治安田生命による「部下にしたいと思う『理想の新入社員』」アンケート。2017年2月6日には、男性1位が大谷翔平選手、女性1位が新垣結衣さんという調査結果が発表された。そんな素敵な部下がいたら、マネージャーとしてはうれしいはずだが、あまりにも部下がデキすぎてしまうと「俺、コイツより仕事できない…」と劣等感をもってしまうこともあるかもしれない。

部下がいる30~40代男性200人に「自分より仕事がデキる」と思う部下について調査してみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈Q.自分の部下で「自分より仕事がデキる」と思う人はいる?〉

・いる 47.5%
・いない 52.5%

いないと答えた人が若干多いが、ほぼ半数で意見が分かれるという結果に。そのように思う理由やエピソードを詳しく聞いてみよう。

●「いる」派 47.5%
「良いアイディアをどんどん出してくれるから」(42歳)
「パソコンの専門学校を出ているので、パソコンの技術に関しては逆立ちしても勝てない」(37歳)
「顧客とのコミュニケーション能力が優れている」(47歳)
「嫌だなぁと思う仕事でも、自分から進んで処理して成果を上げている。私も出来るが、手間を惜しまないその態度は凄いと思った」(43歳)

すべてのことにおいて自分よりもデキる訳ではないが、“分野によっては自分より優れている部分がある”という意見が多い印象だ。対して「いない」派の意見は…。

●「いない」派 52.5%
「積極性を持った人がいない」(44歳)
「仕事のスピードは早いが、柔軟性やコミュニケーションがうまくとれないから」(31歳)
「上昇志向がないので自分から学んで問題解決しようという姿勢がない」(37歳)
「私の仕事を奪いに来る部下が1人もいない。私は周囲や上司の仕事を奪い、上司の日常の仕事に取られる手間を肩代わりする対価として経験と上司の客先を受け継いだ」(49歳)
「自分の過去と比較してそう思う」(49歳)

と、仕事の出来はともかく、“やる気の無さ”などから不満を感じている人が多いようだ。

また、逆に部下が「この上司よりは、オレのほうがデキる…」と思ってしまうようなこともあるはず。部下側の意見もきいてみた!(※上司がいる20~30代の男性会社員200人にアンケート調査)

〈Q.自分の上司で「この上司よりは自分の方が仕事ができる」と思う人はいる?〉

・いる 50.0%
・いない 50.0%

なんと見事に半数に分かれるという結果に。上司と部下、両者の感覚に大きく差が生まれるなんていうことがなくて一安心。では、詳しいコメントを見てみよう。

●「いる」派 50.0%
「見当違いのことを指摘して満足している」(27歳)
「口では色々言うが、いざ本番になると小心で結局は自分にバトンタッチしたがる。口先上司」(34歳)
「いつも何もしないで文句しか言わないから」(31歳)
「ただ長いことその職場にいるだけで、やってることは古いし、能力低いしで困る」(36歳)
「こちらの質問に対してわからないと発言することが多すぎる。また、私の仕事に取って代わることはできないが、権限以外の面で上司の仕事は私はできるから」(33歳)

“スキルが無いのに口先ばかり”という意見が目立つ。…対して「いない」派の意見は?

●「いない」派 50.0%
「誰であれ、上司は尊重すべきだから」(36歳)
「自分より劣ってる上司はいないと思います。頼りにしています」(35歳)
「どの上司も、明らかに考え方や行動力が素晴らしく、自分とは比ではないから」(33歳)
「部分的には自分が勝るところもあると感じるが、やっぱり頼りになる」(35歳)
「上司の仕事を少し見たとき、自分で簡単に処理できそうなものが少ないから」(28歳)

なかには「上司完璧」(37歳)という意見があるなど、上司をかなり尊敬している様子の人もいた。

チームリーダー、マネージャーとして一番避けたいのは、自分では「部下は使えないヤツばかり」と思っているのに、部下からは「この上司はダメ」と思われてしまっている関係…。そうならないよう、スキルアップとコミュニケーションには手を抜かないように!
(上野一舞/かくしごと)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト