興味はあるけどいきなり実践は怖いよね?

リスクゼロのバーチャル投資で株式運用の極意をつかめ!

2004.07.01 THU

ひと昔前は証券会社の窓口に行って口座開設をして…という煩わしさがあったが、今はインターネットのみならず、携帯電話を利用した株式売買もできる時代。いつでも、どこでも、手軽に個人投資家になれる。また各証券会社、小額の資金でも株を購入できる小口株式(呼び名は証券会社によって異なる)をラインナップしたことで、株式投資はより身近な存在になりつつある。それこそ毎日のニュースで耳にする「日経平均株価」の動向を、肌で感じ取ることができるのだ。

だが、いきなり株式市場へ参加するのは怖い、と思うのが一般的だろう。そんな人はまず“バーチャル”な株式投資を体験してみてはどうだろう? 野村證券のホームページで運営されている「野村のバーチャル株式投資倶楽部」では、仮想の100万円を元に株式投資をすることができる。9万人以上が参加しており、なかには1億円にまで資産を膨らませたツワモノもいるとか。株価は実際の値段で取引され、売買にあたっては委託手数料も差し引かれる。その感覚はまさに株式投資そのもの。ただし、リアルとバーチャルの差がないワケではない。「野村のバーチャル投資倶楽部」では、株の売買は一日の終値のみで行われ、リアルタイムの売買はできない。しかし株式投資のセンスは十分につかむことができる。

株式投資で利益をあげるには、値上がりしそうな株を安く買って、値上がりしたら売却しなければならない。聞こえこそ単純だが、そう甘くないからハマってしまう。あらゆるニュースに敏感でなければならないし、輸出関連企業の株であれば為替相場も気にしなければならない。十人十色の株式投資テクニックが存在するので、自分なりのセンスを身につけてみるのも面白い。

バーチャルの株式投資で儲けても損しても、タダで投資感覚を養えるのは明らかに儲けモン。しかしゲーム感覚で楽しめるのは、あくまでもバーチャルの世界だけ。本当に株式投資をするなら、くれぐれもご用心あれ。 

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト