会社設立のノウハウを無料相談!?

起業家を目指すのならば、先人たちの知恵を聞け!

2004.11.25 THU

昨今のIT企業家の活躍ぶりを見て、起業に興味を持つ人も増えたのではないだろうか。会社設立は大変な事業だが、男たるもの社長になるのは確かにひとつの夢ではある。

そこでひとつ朗報がある。世の中には独立支援という形で起業家たちをサポートする機関が存在するのだ。ドリームゲートという起業支援サービスがそれ。ここのサイトは、起業に関する基礎知識や融資などの情報、地域ネットワークやビジネスプランなど豊富なコンテンツで構成されており、若い起業家たちの情報交換の場として欠かせない存在になっている。通常、経営コンサルタントなどを雇えば莫大な費用がかかるが、サイトで情報を得るだけなら基本的に無料!ここから毎年一万人強もの会員(会員登録も無料)が起業しているというから驚きだ。

「会員には学生さんもいますが、会社員、とくに比較的若い20代の方が多いですね。無料相談サービスがもっとも利用されてます。特徴は24時間以内に回答がもらえるところです」と話してくれたのはドリームゲートの松谷さんだ。景気は回復傾向にあるとはいえ、会社勤めなら安心という状況には程遠い。結局、リスクを負うのなら起業という選択肢もアリなのでは、という風潮がどこかR25世代の気分としてあるのだろう。それでは起業するにあたって、もっとも必要なことはズバリ何か?

「魂、やる気などの“起業マインド”とそれを実行する“スキル”です」(松谷氏)

う~ん、納得。それは会社にいても同じことだ。さまざまな情報を無料で提供してくれるドリームゲートだが、本人のやる気まで与えてはくれない。なお、独自に開催するセミナーやスクールはさすがに有料となっている。

ベンチャーが元気になれば、日本も活性化する。もちろん会社員として生きるのもひとつの手だが、興味があれば1度サイトを覗いてみるといい。人生を変える出逢いがそこにあるかも知れない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト