平均価格5000円でも2個買いが常識!?

発売日に即売り切れ!マボロシの超絶フィギュア「S.I.C.」って何だ?

2005.06.30 THU

大の大人がおもちゃの予約確保に奔走し、さもなければ発売日の朝一番でおもちゃ屋さんに駆けつける。熱心な愛好家のみならず、普段は玩具と無縁の生活を送る成人男性が、そうまでしてでも手に入れたい――いや、そうまでしないと手に入らない、人気爆発中のフィギュアシリーズがございます。

その名は「S.I.C.(スーパー・イマジネイティブ・チョウゴウキンの略)」。日本人なら誰もが知っている『仮面ライダー』『キカイダー』といった石ノ森章太郎原作の特撮キャラを、日本を代表する造型師である竹谷隆之氏と安藤賢司氏が、独自の解釈と高度な技術でアレンジした逸品。単にディスプレイするだけにとどまらず、好きなポーズを取らせたり、遊び心満載の付属品でイジりたおせる点も魅力です(例えば、ハカイダーの脳みそや、キカイダーの良心回路を取り外すこともできたりして)。

98年のデビュー当時こそは、知る人ぞ知る存在だったS.I.C.も、『クウガ』『アギト』『龍騎』といった「平成ライダー」の投入を機に、20代の若年層を取り込み、平均価格5000円の商品が「去年あたりから、作っても作っても足りない」(バンダイ・ボーイズトイ事業部の泉 勝洋さん)ほどの大ヒットに。みなさん開封用と保存用の2個買いが基本のうえ、香港や台湾での人気も高いため、限定品や絶版品だけでなく、発売されたばかりの新製品でさえネットオークションで高値取引される始末。

ご迷惑をおかけしています。今後は皆さまにお買い求めいただける量を出荷するよう努めます。過去の人気商品も順に再生産していますのでご期待ください」(泉さん)

とはいえおもちゃ門外漢にとっては、そもそも玩具店の敷居が高すぎますか。そんなあなたにはコンビニで展開している「匠魂」がオススメ。1個525円とお手ごろながら、S.I.C.の超絶クオリティを余すことなく堪能できます。まずはこちらから、職人気質な匠の世界に片足を突っ込んでみるのはいかがでしょうか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト