口コミで広がるネット限定CMの魅力

テレビでは見られない「バイラルCM」って知ってる?

2006.02.02 THU

ブログを始めてみたけれど、毎日のネタ探しに行き詰まり、更新頻度は減少中、アクセス数も頭打ち、いったい何について書けばウケるのか…と焦り気味の人も多いはず。そんな人たちにとってネタの宝庫になりそうなのが、「バイラルCM」と呼ばれる、ネットでしか見られない面白広告映像の数々だ。

バイラル(Viral)とはウイルス(Virus)の形容詞で、「ウイルスのように増殖する」という意味。つまりバイラルCMとは、インターネット上の口コミにより、伝染病のように一気に広がることを目的としたネット限定CMのことだ(海外では主にバイラル・ビデオと呼ばれている)。テレビCMよりも時間的・倫理的制約が少ないので、自由な表現や過激なユーモアが多く、思わずブログやメールで人に紹介したくなるものばかり。昨年あたりから欧米で急速に流行り始めていて、バイラルCM専門の広告会社までできたほどだ。

バイラルCM元年となった05年、アメリカのブロガーたちの話題を独占したのが、パリス・ヒルトン(アメリカのスキャンダル女王)が出演する、ハンバーガー・レストランCarl's JrのCMだ。露出度の高い衣装を着たパリスが泡だらけになってクルマを洗う、というセクシー映像で、テレビで放映されたCMの過激バージョン(?)がネット限定で公開されると、噂が噂を呼んでアクセスが殺到。サーバがダウンしたとか。このパリスのCMは、多くのメディアでも紹介されて、最終的に『ブランド・ウィーク』誌が選ぶ「05 年ベスト・マーケティング・アイデア」のトップに選ばれた。日本でも多くのブログがリンクして話題になったので、見たことがある人も多いのでは。

欧米では自主制作まで登場して盛り上がるバイラルCMの世界。広告主にとっても、低予算で高い効果を期待できる手法なので、今年は日本でもネット限定の面白CMがどんどん増えていきそうだ。これでもうブログのネタには困らない?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト