「C□O」の□をAから順番に埋めていくと…

最高○○責任者って、どんな役職があるの?

2006.10.19 THU

「CEO」って、何の略だか即答できてますか? そう、答えは「Chief Executive Officer」(最高経営責任者)。経営実務に責任と権限を有するトップマネジメント担当者のことだ。CEOのほかに、COO「Chief Operating Officer」(最高執行役員)やCTO「Chief Technology Officer」(最高技術責任者)を置く企業も珍しくない。

さて、この「C□O」という役職、改めて調べてみると、実にたくさんの呼称がある。□に入る文字をAから順に当てはめていくと、CAO「Chief Accounting Officer」(最高会計責任者)、CBO「Chief Business Officer」(最高業務責任者)、CCO「Chief Compliance Officer」(最高順法責任者)、CDO「Chief Development Officer(最高開発責任者)」、CFO「Chief Financial Officer(最高財務責任者)と、順調に埋まっていくではありませんか!

ところが、次の「G」で行き詰まってしまった。何かGレートな役職はないものか…と調べてみたところ、バンダイにはCGO(チーフ・ガンダム・オフィサー)があるという情報を入手。04年4月、先代社長が上野和典常務取締役(現社長)をこの役職に任命したという。

「CGOは、主力事業の1つであるガンダム部門を率いるリーダーです。当時、一般的に使われ始めたC□Oをもじって名づけたようですね」(バンダイ広報担当者)

ちなみに、同社にはCGOのほかに、「CTO」という役職もあるという。こちらは技術(Technology)のTではなく“たまごっち”のTなんだって(笑)。

このように、C□Oの□をアルファベット順に埋めていくと、どう考えても難しいのがラストの「CZO」。Zといえば…Zガンダム? ザク? いや、ズゴックか? …と、もはやモビルスーツしか思い浮かびませんが、あなたの会社でも何かユニークなC□Oをつくってみては? 一般的な呼称としては、RやXなんかはまだ空きがあるみたいですよ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト