球界再編騒動の意外な影響?

プロ野球の球団グッズに「エロカワ」が増殖中!?

2007.05.31 THU



撮影/林和也
プロ野球グッズといえば、メガホン、サインボールなどがド定番。さらにウエアならば、背番号の入ったTシャツ、近年ならばレプリカのユニホームが人気だった。ところが最近、こういった定番以外のグッズが各球団で目立ってきている。なかでも注目したいのは女性向けに開発されたものだ。

たとえば楽天の女性用インナー「エンジェルスガールズブリーフ」。「エンジェルス」は楽天のチアリーディングチームの名称。ブリーフにはチアリーダーがアメコミ調のイラストで描かれている。手がけたのは楽天と女性用インナーブランドの「mi.ke.ra」と楽天のスポンサーでもある女性向けの下着通信販売会社の「ピーチ・ジョン」。かなり力の入った陣容である。

「他球団にはない珍しい商品ということもあり、まずまずの反響でした。今後は夏へ向け女性らしいピンクをメインカラーにしたTシャツの展開を考えています」(楽天イーグルス宣伝広報部・佐藤芳記さん)

また千葉ロッテでは、背中など肌露出多めのセクシーな球団ロゴ入りホルターネックシャツやキャミソールを発売。女性ファンはもちろん、男性ファンにも評判上々(?)である。

「あくまでレプリカユニホームのインナーとして開発していますが、1枚でもオシャレに着こなせると思います。レプリカユニホームを着ての応援に抵抗のある女性のお客様でも疎外感を感じることなく応援にとけ込めるのではないでしょうか」(千葉ロッテマリーンズ事業部・伊藤優子さん)

女性向けグッズが増えてきているのは、やはりファン増加、観客動員数アップ、ひいては安定した球団経営を目指す一環といえるだろう。世間を騒がした球界再編騒動以降、ファンサービスなど球団の経営・改革に本気で取り組むようになった球団は多い。新しく凝った球団グッズにも、その影響は出ているといえる。今後もどんなセクシーな…ゴホン。斬新なグッズが出てくるか楽しみにしたい。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト