僕らが本気で得する方法って?

「食べ・飲み放題」の経済学を学んで実践してきた!

2008.01.04 FRI



撮影/小島マサヒロ
新年会ラッシュの1月。年末に引き続き、仲間や恋人と飲んで食って騒げる期間です。この時期は、自然とリーズナブルかつボリューム感のある食べ&飲み放題コースに目が向くものですがここで素朴な疑問が1つ。これらのコースってホントにお得なの?

というわけで、かねてから「日本の“バイキング”のカラクリがわからない」とボヤいていた編集部のルイーザ(♀)を連れ立って、一人1万1025円で松阪牛カルビ込みの食べ放題を体験することに。値段はやや高めですが…いや、精肉店で買えば100g3500円ほどする松阪牛が、約1万円で食べ放題になる不思議のほうが大問題! 支配人、この計算だと1人300g食べたらお店は赤字ですが、実際は?

「このコースの原価率は平均5割近く。人件費などのことも考えると、赤字ギリギリのラインです。お客様の多くはほかのメニューも一緒に食べられるので、松阪牛の消費量はお一人様あたり200gくらいでしょうか」(銀座唐人凧・伊勢田さん)

やはり、食べ&飲み放題は消費者側に有利なシステムみたい。では、ここまで無理してサービスする理由とはなんだろう?

「高級食材を割安感のある食べ放題にすることで、普段は松阪牛を食べないお客様にも来店していただくのが狙いです。当店ではコース導入後に原価率が約10%上がりましたが、リピーターが増大して売り上げが約30%伸びたため、赤字は回避できました」

なるほどー、薄利多売とはいえ、ちゃんとお店側にもメリットがあったんだ。でも、出血サービス品を狙い撃ちされると、赤字はほぼ確定とのこと。同店に限らず、食べ放題で“得”したい人は、「ブランド生肉>生魚介>生肉、冷凍魚介>冷凍肉>野菜」という材料費の序列を目安にしよう。

んじゃ、そろそろ松阪牛をいただくとしますか。さ、さ、ルイーザもどうぞ。霜降の和牛ですよ~。「あのぅ、私、ベジタリアンなんですけど」(ル)…ってオイ、こんなオチってあり!?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト