「プチメ」で取材してみた

ホリエモンがブログを再開!最近どうしてるの?

2008.09.19 FRI


そもそもブログを再開した理由は、「暇つぶしと、メディアへの牽制」(堀江氏)というものの、アメーバブログの総合ランキングでは340万6688人中4位(9月16日現在)と大人気に
久しく表舞台から遠ざかっているものの、数年前まで「日本で一番有名な社長」だったと言って過言ではない、「ホリエモン」こと堀江貴文氏(元・ライブドア代表取締役社長CEO)。

その堀江氏が先月より、約2年半ぶりにブログを再開。日々の雑感や最近の暮らしぶりを綴って、ネット上で話題を呼んでいる。

日記のなかで堀江氏は、ほろ酔い状態のときに某週刊誌からアポなし突撃取材を受けたことを告白。コレを受け、ブログのトップページには「取材申請は『プチメ』(アメーバブログの機能)でお願いします」との書き込みが。

それならば、と軽い気持ちでプチメで取材を申し込んでみたところなんと「(メールでなら)取材OK」とのお返事が! ここぞとばかりに、いくつか質問させていただきました。

えっとまず、勾留前と後で、堀江さん自身の生活は変わりましたか? また、人生観において変わったことなどはありますか?

「猛烈に暇になりましたね。仕事がほとんどなくなりましたから。『いくら根つめて働いても、良いことはないな』というのが実感でしょうか」

なるほど。では、近ごろは具体的に、どのような毎日を過ごされているのでしょうか? 欠かさずやっていることなどはありますか?

「スケジュールは特に決まってないです。最近は、仕事の打ち合わせがぽつぽつ入るようにはなりましたが、ゴルフの練習をしたり、ラウンドに行ったりとか。国内旅行にも出かけてますね。僕はルーティンワークが嫌いなので、欠かさずやることは特にないですが、暇つぶしにはブログは良いですね。ユーザーからのコメントにも、すべて目を通してます」

そのブログがなかなか盛り上がっているようですが、今の状況でブログを再開したことに対する批判の声もあります。その辺りはどうお考えですか?

「批判されても、『まあ、しょうがないですね』と言うしかありません。批判されている人は永遠に批判し続けるのでしょうし」

と、ひとつひとつの質問に、淡々と答えてくれた堀江氏。今後の目標のひとつとしては、「脳内インプラントの相互通信システムの研究・実用化をしたいですね。脳と脳が直接交信できるようになれば、もっと高次元で人間同士のコミュニケーションができるようになる気がしますし、社会の仕組みが大きく変わるかもしれません」と語るなど、かつてのカリスマらしいコメントも。

それにしても、数年前に時代の寵児とまで呼ばれた堀江氏とメールのやり取りができるなんて、いい意味で「想定の範囲外」でした。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト