ネットの膨大なデータにギブアップ寸前!

情報社会ならではの病!?「ADT」の脅威とは?

2008.10.03 FRI


ブラウザのタブをいくつも開き、PCメールを受信しながらケータイメールを打つ…そんなアナタのネット環境がADTを誘発する!? イラスト/小沢聖
メールボックスには「要返信」「要処理」のメールがたまってるし、情報収集のためにチェックしなきゃいけないニュースサイト、ブログもテンコ盛り。ネット上から迫るメガ情報のプレッシャーをひしひしと感じている人は多いはずだ。

しかし、僕らの脳が処理できる情報量も、そろそろ限界かもしれない。膨大な情報にさらされて脳がオーバーヒートを起こし、無性にイライラしたり、集中力がなくなったりする最近、アメリカでは、そんな状況に陥ることを「ADT」(Attention Deficit Trait:注意欠陥特質)として定義する動きが見られるという。名付け親は精神科医のE・ハロウェル氏。

彼の分析によると、ADTは落ち着きがなく、一つの物事に集中できない症状を表す「AD/HD」(Attention Deficit / Hyperactivity Disorder:注意欠陥/多動性障害)」に似ている。しかし、先天的な病であるADHDと違い、ADTはあくまで日々の情報ストレスが引き金だとか。近著『インフォコモンズ』でADTの脅威に警鐘を鳴らしたITジャーナリスト・佐々木俊尚さんに事情を聞いてみよう。

「アメリカのオフィスは日本以上にIT化が進み、連絡の大半はメールやメーリングリスト。伝達事項はグループウェアを使うのが通常。転職の際も、SNSで紹介してもらって新しい会社へ面接に行くのが当たり前です。そんな状況で受信する情報が爆発的に増え、ADTの原因になっているのです」

佐々木氏自身、日々の取材活動のために300ものサイト、ブログに情報アンテナを広げ、1000を超える新着記事、エントリーをチェックする必要に迫られているという。確かに、僕らでも部署内の一斉同報メールやニュースサイトのチェックに取られる時間は増える一方。目の前の情報処理にアップアップするなか、ADTは決して対岸の火事ではないような。

「日本のネットユーザーの一部では、1日に数千ものメールや記事、エントリーを読むのが当たり前になりつつあります。こうしたディープな使い方が一般に広がったら、ADTの症状を現す人が出てくるかもしれません」(同)

しかし、この現代においてインターネットを遮断するのは現実的ではない。せめて、押し寄せる情報に身を委ねるのではなく、時にはネットをシャットダウンし、リアル情報にも重点を置く――ADTに陥らないためには、そんな心構えが必要なのかもしれない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト