新社会人諸君、失敗から学べ!

第2回 学生と社会人の合コンはどう違う?

2009.04.06 MON

新社会人諸君、失敗から学べ!


イラスト/コットンズ 一見、ワイワイと盛り上がっているように見える合コン。しかし、男性の細かな行動や話の内容から、女性は将来のイメージを作り上げているそうです

社会人の合コンは学生合コンと何が違う?



社会人の週末の楽しみといえば合コンもそのひとつ。学生のころもあったけど、やはり社会人の合コンというのは一味違うのでは? というイメージがあります。でも、実際のところやっぱり違うんでしょうか?

「違います。いわば学生の合コンはただの飲み会。女性からしてみれば『彼氏ができればいいな~』くらいで、楽しければそれでOKかもしれません。しかし、社会人になると女性は結婚相手、仕事のための人脈探し、また相手との会話から得られる教養や気づき、自分の発見なども期待しているようです」

と答えてくれたのは、心理学者で恋愛心理学の著書を執筆し、企業のコミュニケーション研修の講師としても活躍している伊東明先生。社会人の合コンでも『盛り上がる』『楽しい』はもちろん重要なポイントではあるけれど、女性が「実のある合コンだった」と感じるためのひとつの要素でしかなくなるんだとか。

「よほどひどい合コンでなければ、盛り上がった感は得られるものです。相手はオトナの女性、そつなく楽しそうなふりくらいはしてくれますしね。芸を披露したり、笑わせる話で盛り上がる合コンは、ただの飲み会にすぎません。男性は仕事が戦いの場で合コンや女性との付き合いを息抜きと考えてしまいがち。しかし、女性にとっては恋愛も仕事と同じくらい真剣なのです。その温度差から『楽しい合コン=成功』と考えてしまう男性が多いんでしょうね」(伊東先生)

社会人同士の合コンでは、女性は学生時代とは違った視点で男性を見ているのでしょうか?

「女性は細かなところから将来をシミュレーションします。『頼りがい』『将来性』『収入』は気にしますよね。ただ、『頼りがい』といってもたんに『守ってくれそう』ではなくて、『家事を手伝ってくれるかな』『料理もしっかりできるんだ』『子どもの世話もちゃんとしてくれそう』など、より具体的な頼りがいを求めているんです」(同)

この人は長男か、仕事は転勤の可能性があるのかなど、社会人の女性は会話の端々から気になるキーワードを拾い上げて、将来のイメージを作り上げていくんだとか。いやはや、そんなに細かくチェックされていたら、とうてい息抜き気分じゃ立ち向かえませんね。

「しかし、学生合コンにはない男性にとってのメリットがここにあるんです。女性はいろいろなポイントをまとめて、総合的に男性を評価します。学生時代だと、たんに『かっこいい』とかだけで勝負が決まってしまうものです。しかし、社会人になれば総合力で勝ることで、多少の見た目や収入の差も覆すことができるんですね」(同)

なんと勇気の出る言葉でしょうか! 学生時代はモテなくても、社会人になれば挽回できるチャンスがあるのかも。社会人の合コンは、女性の目が厳しくなるだけというわけではないみたいです。
合コンに臨むならば、男子はジェントルマンたれ! ドアを開けてあげるのは当たり前。お店に入る前から合コンは始まっているのです

社会人の合コンを成功させるためにボクらにできることは?



社会人になると、女性は『盛り上がった』『楽しい』だけでは、いい合コンだと感じなくなってしまいます。学生のころの飲み会や宴会的な合コンではなく、結婚相手探しや人脈の形成、自分の成長の場といったメリットを求めているんだとか。

それならば、社会人としてのきちんとした合コンの振る舞いとは? ビジネス心理学、男性・女性心理学を研究し、関連著書を多数執筆している心理学者の伊東明先生に聞いてみました。

「ジェントルマンであることが大事です。ドアを開けてあげたり、飲み物を頼んであげたり、『女性陣は奥へどうぞ』と上座を譲ったり、やさしさの前段階であるマナーを徹底すること。一般的に男性は合コンになると気を抜いてしまいがちですが、仕事場や接待のときのように気を引きしめるべきです」

女性は社会に出ると、30代の男性と合コンすることもあるだろうし、上司であるもっと上の世代の男性と接する機会も増える。そういったオトナの男性と比べてしまうんだとか。

「マナーがしっかりしていれば、『仕事ができるんだろうな』と女性は想像します。また、店員さんへの態度にも注意。乱暴な言葉で呼びつけたり、イライラするのは、かなり印象が悪い。自分の好みの人以外にも、感じよく接するようにしましょう」(同)

では、女性との会話で気をつけなければいけないことは? 盛り上がる会話とかってありますか?

「盛り上がる会話は一人ひとり違うもの。聞き上手になって、相手の好きな話を探ることです。また自分の仕事の話をするのもいいのですが、一人語りになってはいけません。あくまで相手の話を聞きだす糸口として自分の話をするのがポイントです。『こないだ仕事でこんなことがあったんだけど、さんはそういうことってある?』といった具合に」(同)

女性はコミュニケーションの仕方、手法も見ているんだとか。ただおもしろい話をする人が、会話上手ではないんですね。

これだけいろいろなところを見られてるってことは、お店選びも気をつけなきゃいけないんでしょうね。

「ちゃんと女性が喜びそうな店を選ばないと『もし付き合っても、あんまりいいお店に連れてってくれないんだろうな』と、付き合ったときのシミュレーションをする女性もいます。うるさくてゆっくりしゃべれない場所もNG。気が回らない男と思われてしまいますよ」(同)

お店選びに困ったときは、同僚や後輩の女性の評判を参考にしてみるのもいいかも。

ちなみに、伊東先生によると、社会人だからといって男性の全おごりじゃなくても大丈夫なのだそう。とはいえ女性の方が食べる量、飲む量が少ないので、最低でも7対3くらいにしておきたいとのこと。

会話の内容も、振る舞い方も、お金の支払いも、いろいろ気にしなきゃいけない社会人の合コン。全おごりじゃないのは、それだけでも救われた感じがしました。 社会人になると、女性が男性を見る目は
こんなにも変わるんですね。

合コンでの振る舞いも変えていかなければ
いけないわけです。

でも、見た目や収入だけで判断されないっていうのは
うれしい情報ですね。なんだか勇気がわいてきました!

これからの合コンライフを充実させるべく、
先輩のみなさんからの失敗談や成功術の投稿をお願いいたします!

また、R22世代のみなさんで
『入社早々に合コンした!』とか、
ほかにも女性の意見なども聞いてみたいですね!

どしどし投稿してください~!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト