はきこんだジーパンがソファーに変身!

愛しいアイツが生まれ変わる!?リメイク・修理サービス進化論

2009.04.16 THU



写真提供/ノイエス
新年度。気分新たにワイシャツの1枚でも新調したいけど、今は節約モード。なんて方に朗報!近ごろ、不景気のせいか様々なリメイク、修理サービスが人気を集めているとのこと。いったい、どんなサービスがあるんでしょう?

「ワイシャツのパーツ取り替えが人気ですよ」と教えてくれたのはオーダースーツ、ワイシャツ専門店のタツミシャツ・清水猛さん。

「なかでも、最も傷みやすい、襟とカフスの取り替えの需要が多いですね。それぞれ2500円ほどでできます。傷みやすいパーツを取り替えれば、ワイシャツがさらに1年以上もつんですよ。身頃は長持ちしますし、パーツは何度でも取り替えられます」(同)

同社では他にも、「海外で購入したシャツ」や「彼女にもらったサイズ違いのシャツ」、「父親の背広」などを自分に合ったサイズや形に直してくれるのだとか。

へぇ~、そんなサービスがあるとは。そこでほかにも便利なサービスがないか探してみると、あるわあるわ、リメイクサービスの数々!くたびれた靴やベルトを染め直してピカピカにしたり、ネクタイの幅詰めをして流行の形に変えたりと、ビジネスマンにはありがたいサービスがもりだくさん!

さらに、古いジーパンが部屋の隅に山積み、なんて方にオススメのリメイクもあるんです!それはジーパンでいすを作ってしまう、ソファ専門店・ノイエスの「ジーパンスツール」。同社の松尾麻友子さんによれば「ジーパンの生地は耐久性があり、ソファの生地に適しているんですよ」とのこと。

実は、こういったサービスが上向いている現状は必ずしも不景気のせいだけではない、というのが、靴・カバンの修理専門店「ミスターミニット」広報・石村元希さん。

「不景気の影響もあるとは思いますが、マスコミがエコやもったいないという観点から物を大切にする術の一環として修理サービスを取り上げ、認知度が高まったのでは?」

何でも不景気のせいにするのは短絡的!?でも、使い古した洋服が息を吹き返すならありがたい限りですよね!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト