疑問解決! つながるコラム

アラフォー世代の上司にプロレス好きが多いのはなぜ?

2009.05.14 THU


上司と会話を合わせるべく、「不沈艦」「ブレーキの壊れたダンプカー」などと呼ばれたスタン・ハンセンの「ウィー!」を練習。え? それじゃキツネだって?
みなさん、職場の上司とはうまくいってますか? ボクの上司は揃いも揃って生粋のプロレス好きで、ちょくちょくプロレスの話題を振られるのですが、いまいちピンとこず。それにしても、なんでアラフォー世代の上司はこんなにもプロレス好きが多いのでしょう?

上司世代と語ってみたい「30年前のプロレス」(2007年6月28日号)
[従来のプロレスが総合格闘技とエンタメプロレスのあいだで存在感をなくすなかで、彼らが一線で活躍していた1970年代から80年代というのはプロレスがもっともプロレスらしい時代だった。]

上司世代が子どものころは、毎試合がゴールデンタイムでテレビ中継されていたのか。長州力や天龍源一郎、藤波辰巳のほかにも、タイガー・ジェット・シンやアブドーラ・ザ・ブッチャー、そしてハルク・ホーガンにミル・マスカラスと、プロレスを全然知らないボクでも容易に顔が浮かぶ有名プロレスラーの名前がズラリ! そう考えると、30年前のプロレスブームってホントにすごいものだったんですね。

とはいえ、知らないジャンルで会話のキャッチボールを続けるのはなかなか難しいものです。でも、上司が子どものころに見ていたアニメだったら、ボクでも知っている作品があるかも!? 30~40代が見ていたアニメのテッパンといえば、いったい何になるの?

話のネタに困ったら使える世代別テッパンアニメ&漫画(2009年3月2日号)
[「『ドラゴンボール』なら放送期間が長いので、20代~30代前半にはテッパンアニメですよ。30代後半なら、“ジャンプもの”と呼ばれる『聖闘士星矢』『北斗の拳』ですね」(アニメ評論家の氷川竜介さん)]

漫画でも『少年ジャンプ』の力は強大。なので、上記のアニメの原作をチェックしておけば大丈夫だとか。ただし、ガンダムシリーズには年代を問わずマニアックなファンが多いので要注意。にわか仕込みの知識で挑むと、痛い目に遭うことも。それ以上の年配上司には歴史小説好きが多いので、歴史漫画を読んでおけば話が弾むそうです。

テッパンのアニメや漫画を押さえておけば、会話のつかみはバッチリ! では普段の態度や行動で、先輩や上司に気に入られるポイントはあるのでしょうか?

先輩や上司に好かれる新人の条件って何だ?(2009年3月2日号)
[「たとえば、『おはようございます!』と挨拶しながら、意図的にピシっと角度をつけてお辞儀をしてみてください。まず形を徹底するだけでも何となく気分がかしこまり、自己暗示をかける効果がありますから。尊敬の念というのは自然と相手に伝わりますし、そうなれば必然的にかわいがられる後輩になれるはずですよ」(医学博士の佐藤富雄先生)]

誰でも、自分を慕ってくれる後輩はかわいいもの。先輩よりあとに席に座ったり、飲み物なども決して先に口をつけないといった「マナーを徹底できる後輩」が好かれる傾向にあるみたい。

よし! 次に先輩や上司から飲みの誘いを受けたときは、プロレスや漫画ネタをきっかけに、可愛がられる後輩を目指すとしますか!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト