COOL!JAPANESE

パルクール“ニンジャ”世界を制す

2015.08.27 THU

COOL! JAPANESE



ZEN 小島マサヒロ=写真
壁や木を蹴った反動で軽やかに宙を舞う超人的な動作は、まさしくニンジャのごとし。ZENの雄姿は、ひと目で見る者を魅了する。その能力はフランス発祥の運動法「パルクール」によって培われた。

「中学3年の時、友達から『すごい映像がある』と見せられたのが、海外のパルクールの“スゴ技”集でした。それを見た瞬間、まさに衝撃が走って。人間には、こんな動きができる可能性が秘められているんだと思うと同時に、自分もやってみたいという衝動にかられたんです。以来、自らの可能性を追求し続けています」

平たくいえば、ストリートの環境を利用して身体のポテンシャルを高めていくトレーニング。だが、けっして無理はせず、自分の力量に応じたメニューに取り組むなかで、走力や跳躍力、高い壁を登るスキルを身につけていくのだという。

「たとえば、道路の白線から逸れずに歩くのはたやすいですけど、2mの塀の上だとそうもいかない。イメージと肉体が結びつかないと、人は本来のパフォーマンスを発揮できないんですね。そのギャップを埋めながら、自分のできることの範囲を少しずつ広げていくというのが、パルクールの考え方です」

すなわち真の意味で心技体がそろってこそ、思わず目を見張る華やかな動きが可能になるのだ。

「だから『身体能力では欧米にかなわない』という、日本人自身が抱きがちなイメージも覆したくて。誰にでも可能性があることを、身をもって証明していきたいですね」

ZEN
1993年5月13日生まれ、東京都出身。15歳でパルクールと出合い、16歳で渡米して修業。キャリア3年目にして世界大会出場を果たす。現在はCMやMV、舞台など活動のフィールドを広げつつ、精力的にパルクール普及に努めている。

平田真人=取材・文

  • こだわり仕事道具

    バランス感覚が大事なパルクールでは、足の使い方がポイントになる。よって、体幹を鍛えるとともに、足の裏の鋭敏な感覚なども養うそうだ。
  • 世界が認めた瞬間

    この夏、カナダで開催された世界大会「NORTH AMERICAN PARKOURチャンピオンシップ」に出場、見事1位に。世界から喝采を浴びた!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト