今週の思い出懐かしゲー

名作グラディウス復活!敵を撃つ面白さの原点を楽しめ!

2009.12.02 WED


昔のように上手にプレイできる自信がない? いえいえ、難易度は全体的に控えめになっているので大丈夫。しかも、EASYやVERY EASYモードもあるのでストレスなく進められる。あとはやる気さえあれば、誰にでも1周クリアへの道は開かれている! (c)2008 Konami Digital Entertainment
誕生以来進化を続けているテレビゲームは、無数のジャンルに枝分かれし、内容も複雑化している。だが歴史をひもといてみれば、面白いゲーム=シューティングゲームだった時代があった。複雑な名前のついたシステムを搭載したゲームを遊んでいて、ふと疲れた自分に気がついてしまうことってないだろうか? そんなときは、ゲームの原点に立ち戻ってみるのが一番。名作『グラディウス』シリーズの最新作、『グラディウス リバース』は、そんな気分にピッタリの1本だ。

本作は、敵機を撃墜して手に入れたパワーアップカプセルを使い、自機ビックバイパーを自在に強化していくシリーズの伝統を受け継いでいる。特定ポイントを通過するともらえるスコアボーナスや、ワープで行けるボーナスステージなど、ファミコン時代の裏技チックなテイストを盛り込んであるので、これらを見つける喜びもまた懐かしいポイント。もちろんファミコン版からの伝統である、上上下下から始まる隠しコマンド、いわゆる『コナミコマンド』も健在。

未経験者や初心者への配慮としては、オート連射が設定可能なオプションや、プレイ内容や敵配置をあとから見直せるリプレイ保存機能を搭載。深く考えずに、撃ちまくるだけでも楽しめるよう配慮されているのも好印象で、この辺はさすが名作の系譜といったところ。

現在では、シリーズの移植作品もバーチャルコンソールで楽しめるようになっている。かつてボタンが壊れるまで連打したことがある人も、まだ触れたことがない人も、シューティングゲームのシンプルな魅力を堪能してみませんか。
(増田将介)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト