今週は“クリスマスの夜、彼女をトロけさす映画”

クリスマスは恋が大事? それとも家族が大事?

2009.12.18 FRI


4家族はそれぞれ個性が強烈。どれも我が家であってほしくないかも… (c)2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights
クリスマスのデートにDVD…というと、彼女は甘~いラブロマンスをチョイス。男としてはちょっと甘すぎるのはなぁ…と、ちょっと抵抗感。そんな2人にピッタリな新作が『フォー・クリスマス』だ。

ともに両親の離婚を経験したブラッドとケイトは、結婚には興味ないもののラブラブのカップル。毎年クリスマスは家族づきあいから逃げて、南国にバカンスに出かけていた。が、今年は飛行機が飛ばずに旅はオジャン。しかもそれがニュースで報じられ、たまたま映ってしまった彼らを見た家族から呼び出しが。2人は両親の家族、すなわち4つの家族をハシゴしてクリスマスを祝うことになってしまう。

アメリカではクリスマスは家族と一緒に過ごすもの。いわば日本のお正月みたいなもので、家庭を持つことに興味のないブラッドとケイトが逃げ出したくなるのも無理はない。そんな彼らが、4つの家族を順々に回ってご対面となるとハプニングの連続だ。

ドタバタコメディの前半。ところがこの映画のおもしろさはその先にある。家族めぐりをしていくうちに、お互いが明かしていなかった秘密が明らかに。そのうえ、長年会っていなかった家族との対面は、2人のそれまでの家族観にちょっとだけ変化を与える。

お互い正直に心の内を明かし、自分にまつわるすべてに真っ正面から向かい合う。恋と家族には誠実にいたいね、というメッセージを受け取れるだろう。ドタバタのお笑いと甘いロマンス、両方が一気に訪れたクリスマスの奇跡は、それを観る2人にも満足いくはずだ。
(よしひろまさみち)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト