今週のじっくり腰をすえるゲー

究極の助け合いゾンビゲームで仲間と絆を深めてみる?

2009.12.18 FRI


舞台はアメリカ南部。謎のウイルスの感染によって荒廃した街が臨場感たっぷりに表現されており、まるで映画の登場人物になったような感覚を味わえる。豊富に用意された武器や回復アイテム、そして仲間との絆を武器にして感染者に立ち向かえ! c 2009 Valve, the Valve logo, Left 4 Dead, the Left 4 Dead Logo, Steam, the Steam …
無数のゾンビが徘徊する街から脱出を図る生存者たち…。しかし、仲間割れによってピンチに陥るという場面を、ホラー映画などで目にしたことがあるだろう。そんなとき思わなかっただろうか? 「なぜもっと協力し合わないのか!? 自分なら…」と。

今回オススメする『レフト 4 デッド 2』は、4人の生存者を操作して感染者(ゾンビ)を倒しながら脱出を目指すホラー・シューティングゲーム。その最大の魅力は、オンラインでの4人協力プレイにある。猛ダッシュで襲いかかる感染者の大群や、トリッキーな攻撃を仕かけてくる特殊感染者(中ボス的な存在)との戦いは、とってもハード。4人のうち1人でも欠けると戦力が大幅にダウンするゲームバランスになっているため、仲間との助け合いが必須となる。仲間のピンチを颯爽と助ければ友情が深まること請け合い! 「お前の背中は俺が守ってやるぜ!」なんてカッコイイセリフが自然に飛び出す、助け合いなくしては生き残れないゲームなのだ。

もう1つの特徴は、「AIディレクター2」というシステム。これにより同じシナリオでもプレイするたびにアイテムの配置や特殊感染者の出現タイミング、進行ルートなどが変化し、二度と同じ展開になることはない。飽きずに長く遊べる仕組みになっているのがうれしい。

人と直接触れ合う機会が減り、人間関係が希薄になっているといわれるこのご時世。それならばいっそ、恐怖と刺激に満ちたデジタルな世界で友達との絆を深めてみてはいかがだろうか?
(橋口優也)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト