恋人には高い理想を求めちゃいます。“そんな人いるわけないのに”と思いつつ(笑)

臼田あさ美

2009.12.17 THU

今週の彼女

84年10月17日生まれ。千葉県出身。女優。雑誌専属モデルを経て、現在、様々な分野で活躍。映画『色即ぜねれいしょん』、ドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系列)などへの出演により、瞬く間に若手実力派女優としての評価を得る。初の主演映画『ランブリングハート』(10年1月16日公開)では、一人二役で双子の姉妹を熱演する。
来年1月16日公開の映画『ランブリングハート』で初の主演に抜擢された臼田あさ美さん。それも一人二役双子役! 今回は、映画・ドラマ界で今最もキラめいている、注目の若手女優とご対面です。

─ 演じ分けは大変だった?

「人生にも恋愛にも慎重な翠ちゃん(姉)と、ギャンブラーな葵ちゃん(妹)。最初は演じ分けに悩んだけど、二人の違いは台詞のなかに自然とあったんですね。だから、演技の面ではうまくいきました。台詞がやたらと多くて大変だったけど(笑)」

─ 臼田さん自身の性格は翠ちゃん寄り? それとも葵ちゃん?

「恋愛だったら翠ちゃん。恋がギャンブルとはこれっぽっちも思わない! でも、それ以外は葵ちゃんかな。女優に専念しようと決めて、モデルの仕事をスパッと辞めたり。自分で出した答えなら、どんな結果であれ納得すると思うんですよ」

─ おお、なんと潔い。

「でも、恋人には些細なことにも気付いてくれて、余計なことを言わずに大事なことだけズバッと言ってくれる人、みたいな理想像を求めちゃいます。“そんな人いるわけないのに”と思いつつ(笑)」

─ あはは、急に乙女になりましたね。

「私も今年で25歳ですけど、大人として人生を現実的に考える部分と、子供のままでいいやっていう部分もあって。なんかどっちつかずですよね、この年齢って」

─ 来年はどんな年にしたい?

「今年が女優として確かに前進できた年だったので、このまま焦らず、マイペースで頑張っていきたいですね」

大久保 聡=撮影photography SATOSHI OKUBO西村太郎=取材・文text TARO NISHIMURA

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト