今週は“年末の忙しさを笑って忘れられる映画”

腹筋崩壊必至! おバカ2人の再起をかけた大奮闘!

2009.12.22 TUE


暴力的で粗野なチャズと繊細な“美少年風”のジミーを演じるウィル・フェレル&ジョン・ヘダーがとにかく笑える! 顔の表情の演技にも注目。小ネタが効いてます。サーシャ・コーエンら有名フィギュア選手の多数カメオ出演も嬉しいオマケ。サーシャってばとんでもない事になってますよ(笑) (illustration=micci)
なにかと忙しいこの師走、次々と押し寄せる仕事にヘトヘトになり、しばらく声を出して笑ったりしていない…そんなアナタにぜひ観てもらいたいのがこの1本。
ウィル・フェレルとジョン・ヘダーというアメリカきってのエースコメディアンが、アメリカン・バカ・コメディの神髄を見せつける『俺たちフィギュアスケーター』だ。

男子フィギュアスケート界でジミーとチャズは実力も互角であり、永遠のライバル。
ところがある大会で大喧嘩の末、乱闘騒ぎを起こしてしまい、協会からシングル部門の永久追放処分を受けてしまう。それから3年後、共にスケート界に未練がある2人は、なんとペア部門、しかも異色の男同士のペアで復活を遂げ、スケートリンクに上がることに…。

ピッタピタのタイツに身を包み、華麗に氷上を舞う男同士のペア。この設定を聞いただけでもキワモノ度満点で興味をそそられるが、実際に観るとその想像のはるか上をいく。とにかく分かりやすいギャグのオンパレード。くだらないプライド対決やシモネタに鑑賞中ずっと笑いが止まらない。さらにいがみ合っていたジミーとチャズの、全く感動を呼ばない友情、キワドすぎてここには書けないラストを含め、徹頭徹尾バカバカしい!

年末の業務に忙殺されているアナタ。そんな日々の鬱憤や師走の疲れをこの愛すべきバカ映画で吹っ飛ばし、笑いのうちに新年を迎えてみてはどうだろうか。ホント、この上なく痛快!
(micci)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト