カラオケレパートリー増強計画

新年、新たな決意を胸に抱くならRADWIMPS「叫べ」

2010.01.07 THU


RADWIMPS『アルトコロニーの定理』(アルバム) EMI/2800円/2009年
年の初めはやはり、目標を立てたり、自分の心の声に耳を傾けたりするのにいい時期だ。ただし、忘れちゃいけないのは、大きな目標に向かうためには、日々の生活を大切にしなければならないということ。だからこそ、ここはしっかり、R25世代の魂の叫びを代弁してくれる歌で、壁もぶち破るくらいの、スタートダッシュをかけておきたいと思う。

お薦めしたいのが、RADWIMPS(ラッドウインプス)の「叫べ」。
RADWIMPS は、2003年にバンド名を冠した『RADWIMPS』でアルバムデビューをしたとき、ボーカルの野田洋次郎をはじめ、4人のメンバーはみんな10代だった。ほとんどすべての楽曲で作詞・作曲を手がける野田が描いた世界観を、心の通じ合うメンバーたちが体現すると、それが同世代を中心に大きな共感と感動を呼び、人気を集めてきた。

そんなメンバーたちも20代半ばになり、昨年3月、「叫べ」を収録した5thアルバム『アルトコロニーの定理』をリリース。20万枚超えのヒットとなり、傍目にはミュージシャンとしての成功へまっしぐらのように見える。しかし、実際には解散の危機、混沌とした時期を乗り切って、ようやく「叫べ」という曲を生み出せたのだという。それだけに、今ある自分が昨日の自分と同じではないということを、常に感じながら生きていようという、「感じる」ことや「変わっていく」ことの大切さを、しっかりと伝えている。昨日と同じ毎日を過ごしているようでちっとも成長していないと感じても、本当は誰もが日々変わっている。そして変わっていくからこそ新しい毎日に出会えるし、発見がある。これこそ今のR25世代の胸の内ではないだろうか?

繰り返しに見えても、同じことなんて何ひとつない。積み重なれば、必ず前に進める。肝に銘じて、2010年、新たな決意を胸にダッシュしていこう。
(山田真弓)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト