カラオケレパートリー増強計画

仲間と心ひとつになれる嵐の「Believe」でパワーをもらう

2010.01.14 THU


嵐『All the BEST! 1999-2009』(アルバム) ジェイ・ストーム/3200円/2009年
正月気分を引きずってどこか浮足立った夜。ここは趣向を凝らして、昨年大晦日にテレビの向こうで繰り広げられた歌の攻防を再現してみてはどうだろう。会社の同僚と、はたまた友だちと男女入り混じっての「紅白歌合戦風カラオケ大会」は大いに盛り上がりそうだ。

歌手のラインナップももちろん2009年の紅白にならって、トップバッターを務めた浜崎あゆみ、EXILEから。そしてとくに外せないのは、4組いたジャニーズのなかでも断トツで嵐。昨年10周年を迎え、あれだけ売れているにもかかわらず一度も出場したことがなかったという嵐の初出場は、本物の紅白でも大層な話題だった。

そんな嵐の数々のヒット曲のなかでも、ぜひ押さえておきたいのは2009年最大のヒット曲である「Believe」。疾走感ある嵐らしい曲調で、櫻井翔主演映画『ヤッターマン』の主題歌にもなった。きっと誰もが一度は耳にしたことがあるので、カラオケでの盛り上がること間違いなし。また、櫻井翔が手掛けたRap詞をはじめ、1曲を通して同じR25世代の嵐ならではの、未来に向かっていこうとする前向きなメッセージが伝わってくる。もちろん、毎日は笑える日もあれば、泣ける日もある。それでも、前に向かって「進んでゆく」のだ。そうすれば、夢は叶う…そんな気持ちがこめられたこの歌は、その場のみんなの心をひとつにしてくれるはず。

ポップで元気なこの曲を歌って、仲間の結束を再確認。ポジティブパワーを存分にもらった後は、地に足をつけて明日からまた頑張ろう。
(山田真弓)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト