体験版公開で話題騒然

驚異の3DCG美少女ゲーム『リアル彼女』がスゴすぎる!

2010.01.21 THU

もう現実の彼女はいらない! そんな声が聞こえてきそうな超絶グラフィックのPC向け3DCG美少女ゲームが開発されている。その名も『リアル彼女』。発売前にもかかわらず、体験版を公開するやいなや、ムービー並みのハイクオリティなプレイ画面に話題騒然。そもそもこの作品、PCの推奨スペックがベラボーに高い。インテル製CPUの最高峰、Core i7を推奨するとは前代未聞だ。あえて、プレイヤーを限定するような最先端を突っ走る表現に至ったのはなぜか。開発元のイリュージョンに聞いた。

「まず、リアルな存在感を追求したキャラクターを生み出したいという想いがありました。コンセプトとして“テレビ電話”を通して女のコとコミュニケーションしている感じを目指したんです。そのために、見た目はもちろん質感とか反応とか、総合的な意味でどこまで存在感を生み出せるかに力を注いだ結果、要求するスペックが非常に高くなってしまったという感じですね」

作りたいから作ったともとれる、ある意味、男らしい回答! 確かに、肌の質感、流れる髪、そして揺れる乳…すべてがリアル。さらに、WEBカメラと連動したプレイヤーのうなずきや首振りに反応するシステム、マウスをふたつ使って両手で乳を揉むような感覚が味わえるなど、存在感を出すための演出へのこだわりは尋常ではない。もちろん大人のゲームであるからして、製品版では男女の営みも可能である。

「Hシーンでも、WEBカメラに対応した直感的な操作システムが採用される予定です。登場する3人の女のコの設定に応じた簡単なストーリーがあって、その流れにそってコミュニケーションを続けると、いろいろ触れあうことができるようになります。本来、想像の産物であるキャラクターが、リアルな存在として“こっちの世界”にいる感覚を味わってもらいたいですね」(同)

たかがゲームと呼ぶには異常進化していた美少女ゲームの世界。ちょっと覗いてみるのも一興かもしれない。
(ホドロフ鈴木)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト