今週の移動時間で楽しむゲー

頭と指先をフル活用! 謎解きアクションゲームの決定版

2010.01.25 MON


街や洞窟との間は汽車を使って移動する。もちろん安全快適な旅ではなく、時にはこんな巨大モンスターが襲いかかってくることも! そんなときは汽車に備え付けられた大砲で応戦できる (C)2009 Nintendo
子供のころはアクションゲームやシューティングゲームが大好きだったのに、気がついたら最近はパズルゲームばかり…なんて人、多いですよね。でも、アクションゲームがやりたくないわけじゃない! そんな人には、アクションとパズルが融合した『ゼルダの伝説 大地の汽笛』がオススメだ。

『大地の汽笛』は、20年以上の歴史を誇る任天堂の人気シリーズ『ゼルダの伝説』の最新作。最大の特徴はなんといっても「すべての操作をタッチペンで行う」というところ。走る、剣を振る、物を持ち上げる…それらすべてが1本のタッチペンでこなせてしまうのだ。直感的に操作できるから、「あれ? この操作どうやるんだっけ?」と悩むことはない。

もしかしたら、逆に「アクションをタッチペンで操作するなんて…」と思う人もいるかもしれないが、そんな心配もプレイすれば杞憂だったと感じてもらえるはず! 文章で操作感を説明するのは難しいが、『ゼルダの伝説』シリーズのアクション性をまったく損なうことなく、タッチペンで快適な操作性を実現している。ニンテンドーDSの性能を知り尽くした任天堂の技術力を信じてほしい。

そして『ゼルダの伝説』のもう1つの特徴といえば、世界にちりばめられた数々の謎を解いていくパズル的要素だ。もちろん、今作も手ごわい謎がこれでもかと詰め込まれている。その謎を知恵と勇気、そしてブーメランやバクダンといったおなじみの武器を使い分けてクリアしていく快感は、並みのパズルゲームでは味わえないほどの楽しさ。この冬は『大地の汽笛』で大地の謎を解き明かす旅に出てみるのはいかがだろうか。
(鈴木利宗)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト