今週のじっくり腰をすえるゲー

超美麗グラフィックの『FF』最新作、キミはもうクリアした?

2010.01.29 FRI


シリーズおなじみの召喚獣もデザインが一新されて、より美しく、そしてスタイリッシュに進化。召喚するだけでなく、バトル中に召喚獣を乗り物に変形させて戦う“ドライビングモード”に移行すれば、召喚獣と一体になって戦うことが可能だ (C)2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
シリーズの世界累計出荷本数が9,200 万本を突破し(2009年12月末現在)、もはや世界中で知られるようになったRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』(以下FF)。今回オススメする『FINAL FANTASY XIII』は、そのシリーズ最新作である。本作は天空に浮かぶ都市“コクーン”と、地上に広がる大地“グラン=パルス”、このふたつの異なる世界を舞台に、主人公ライトニングとその仲間たちの戦いが描かれている。

『FF』を語るうえでまず外せないのが美しいグラフィックだ。各ハードのフラグシップタイトルと言っても過言ではないほど、歴代のシリーズ作品はプラットフォームになったハードの性能をフルに引き出していた。本作は初のプレイステーション3用『FF』ということで、さらにグラフィックの美しさに磨きがかかっている。奥深いシナリオとそれを彩る登場人物たちの存在も相まり、ゲームの枠を越えて1本の良質な映画を見ているような感覚を味わえるはずだ。

また、本作ではRPGの一番のキモであるバトルシステムに、新システムが導入されている。伝統のアクティブタイムバトルは継承しつつ、各キャラクターの役割(アタッカーやディフェンダーなど)を瞬時に切り替える「オプティマシステム」により、スピーディな展開と高度な戦略性の両立を実現。常に緊張感を持ってプレイできるため、作業になりがちな戦闘も飽きずに楽しむことができる。

久しぶりにRPGをプレイしたいが、どのタイトルが面白いのか分からないとお嘆きのあなた。そんなときこそ、この超大作RPGをプレイしてみてはいかがだろうか? シリーズ累計出荷9,200万本という記録が、その面白さを保証してくれている。
(吉川哲弥)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト