まだ22歳なのに、脳年齢44歳…ってマジ!?

「脳トレ」だけじゃない! 入社前に頭を鍛えてみる?

2006.04.01 SAT


「52かよっ!」--松嶋菜々子が脳年齢を診断するCMに、ドキッとした新社会人も多いのでは? 昨年末に発売された『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』は、発売約1カ月で100万本を突破。前作は150万本を突破するヒット商品となったが、実は異例の長期間にわたる売れ行きだとか。

「一般に、ゲームソフトは発売直後に比べ、売れ行きが緩やかになる傾向があるんですが…」と任天堂・広報担当者も驚くが、この「脳トレ」ブームを支えているのは子供ではない。いままでゲームをしなかった大人がこぞってハマっているというのだ。

物は試しと、さっそく32歳の記者が前作で測定してみることに。「脳年齢チェック」では、色の名前でなく文字色を答える「色彩識別」、2分間で28個の単語を覚えて3分間で思い出せる限り書き出す「単語記憶」、単純計算20問を素早く解く問題などを行ったが、結果は38歳! 「50代」といわれるより逆にリアルで悲しい…。

この「脳トレ」ブームに乗って、他社も脳を鍛える玩具を続々とリリースしている。たとえば、縦3×横3のブロックに区切られた9×9の正方形の枠内に、1~9までの数字を入れるパズル「SUDOKU」「ナンプレ(ナンバープレース)」を携帯ゲームにした「kazzle?」(タカラ)や「ナンプレマスター」(エポック社)。さらに、3月16日にはトミーから、心の知能指数=EQを鍛える「EQトレーナー」が発売される。

「IQが高くても、人とのコミュニケーションが苦手な人はいますよね。社会で必要なのは、IQより『話し上手』『人に好かれる』『前向き』などのEQの高さ。このオモチャは、それを高めようというものです」(開発者の野中大三さん)

いずれも面白いのは、脳年齢、EQ偏差値など、自分を客観的に「数値化」できるところ。新社会人の皆さん、入社前に少し脳を鍛えてみては? 同期にちょっと差をつけられるかもよ。
(田幸和歌子)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト