ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

沈んだ気分を晴らしてくれる名曲「虹」とは?

2010.02.02 TUE


「虹」が収録されたフジファブリックの2ndアルバム『FAB FOX』(EMIミュージック・ジャパン/2005年11月19日発売/2500円/TOCT-25847)。衝動的な感情をポップにわかりやすく表現した曲が多い名盤で、この作品からフジファブリックの魅力に引き込まれたファンも多い。何度かのメンバーチェンジがあったフジファブリックだが、この時は5人で活動していた
雨上がりの空にかかった虹を見ると、何だか得した気分になってワクワクする。自然の気まぐれが描き出す色鮮やかな虹は、僕らに何か良いことが起こりそうな予感を抱かせるのだ。

そんな虹の持つ魅力を描いた名曲は、映画『オズの魔法使い』でもよく知られた「オーバー・ザ・レインボー」以外にも数多くある。去年29歳の若さで亡くなった志村正彦がギターヴォーカルを務めていたフジファブリックの「虹」もそのひとつで、沈んだ気分の通勤時にお薦めのBGM。フジファブリックは主に志村が作詞/作曲を手がけ、何度かのメンバーチェンジを経て活動を続け、これまでメジャーで通算4枚のアルバムをリリースしている。

「虹」は、2005年に発売された5枚目のシングル曲で、代表作とも言える2ndアルバム『FAB FOX』に収録されている。8ビートの軽快なリズムが心を弾ませ、オルガンのアーバンな音色と上昇していくフレーズが、前へ進む勇気をくれるような名曲だ。志村の歌に合わせ、“雨上がって”や“生まれ変わって”と一緒に口ずさめば、何かが変わっていく気分にさせられる。

都心では虹を見る機会は少ないけれど、時々この曲を聴いて、心に“虹”を思い浮かべてみよう。思考回路をプラスの方向にコントロールできるかもしれない。
(菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト