ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

女心を理解するヒントはaikoの曲にあり!?

2010.02.09 TUE


女性から圧倒的な支持を集めるaikoは、2ndアルバム以降すべての作品が上位にランクインし、実は男性ファンも多いシンガーソングライター。2月3日には、現在放送中のドラマ『曲げられない女』の主題歌で、26枚目のシングル「戻れない明日」のリリースも決定。切ない女心を綴ったバラード曲は、またも多くのリスナーの共感を呼びそう
彼女の気持ちを思って行動したつもりなのに、不機嫌な態度を返されてしまった先日のデート。いくら考えても理由が分からず、悶々とした気持ちで通勤しなければならない朝もある。

そんな朝に耳を傾けてほしいのが、aikoの曲。20代30代の女性から圧倒的な支持を得ているaikoの歌詞には、等身大の女心が反映されているのだ。なかでもお薦めは、大ヒット・アルバム『桜の木の下』に収録された爽快なロック・ナンバー「Power of Love」。「寂しい時も楽しい時もずっと一緒にいよう」「彼の応援でどんなことでも叶う」といった、どこまでもパワー全開、恋する女性の前向きな気持ちが真っ直ぐな言葉で綴られている。

男性としては、「大人になっても、こんなに一途な恋愛に憧れる女性はいるの?」と思ってしまいがちだが、aikoの歌詞に共感する女性が多くいることを考えれば、素直に受け止めるべき。しかも、「~しようよ」「~だよね」という歌詞の口調からは、恋する女性は自分と同等の“愛”を、分かりやすいカタチで男性に見せて欲しいと望んでいるように感じられる。独りで女性の気持ちを汲もうと努力するより、aikoの曲を聴く方がずっと早く女心への理解に近づけそうだ。

もうすぐバレンタインデー。日曜に当たるこの日のデートに、「Power of Love」を通勤BGMにして備えてみては?
(菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト